入れ歯の種類とそれぞれの特徴について

はじめに

みなさんは歯を失ってしまったら、どういった方法で治療したいですか?インプラントは外科的手術が必要なのでちょっと・・という方は入れ歯で治療する方法がおススメです。

ただ、どんな入れ歯を選べばいいのか迷うこともあるでしょう。

そこで、ここでは入れ歯のメリットやデメリット、種類や特徴、費用・・などについてご紹介します。

入れ歯のメリット&デメリット

メリット

インプラント治療が行われる前の主な治療法は入れ歯でした。

入れ歯はインプラントのように、あごの骨に人工歯根を埋め込まずに済みます。

分かりやすく言うと、人工の歯を装着するため両側の歯にバネをかけて床と言われるものを歯の下に作製します。

メリットとしては広い範囲で歯を失った場合に治療できることや、残された健康な歯を傷つけずに固定できることがあります。

インプラントや入れ歯の他にブリッジと言われる治療法もありますが、これは健康な歯を削る必要があります。

デメリット

そんな優れた治療法である入れ歯にもデメリットが存在します。

最大のデメリットとしては入れ歯の両側にある歯へバネで固定することで健康な歯に負担がかかり、噛む回数が多いほどバネがかかっている歯に力がかかりますので健康な歯まで弱ってきます。

また、日ごろのケアをおろそかにしていると、がたついてしまうこともデメリットと言えるでしょう。

入れ歯はインプラントのように骨と結合させていないので、安定性が悪くがたつきやすいのが特徴です。

また、入れ歯をしっかりとつけないとすき間ができてしまい、食べもののかすが溜まりやすくなりますので注意が必要です。

入れ歯の種類と特徴

さて、入れ歯の種類は総入れ歯と部分入れ歯があり、部分入れ歯の方は自分の残された健康な歯にばねをかけます。いっぽうで、総入れ歯の方は歯が全てなくなっているので歯ぐきの粘膜のみで支える治療法です。

条件としては下あごには噛む力を支える力が、上あごに吸い付く力が必要とされます。
なお、金属を使用することで床と言われる部分を薄くすることが可能です。

部分入れ歯

健康な歯に入れ歯を支えるためのばねがかかります。

健康な歯と入れ歯が混じった状態で、歯にばねがかかりこれによって健康な歯に負担がかかるため余計な力がかかりすぎないようクリニックで調整が行われます。

前歯にこのバネがかかると目立つので透明なものを使用したり、バネのないタイプで治療することもあります。

アタッチメントや磁石などを使って安定させると非常に装着感がよくなると言われています。

総入れ歯

総入れ歯は歯が全くない場合に行われる方法です。

歯がないため歯ぐきと粘膜のみで入れ歯を安定させる必要があり、高度な技術が必要になる方法です。

上あごはさほど問題ないですが、下あごは歯ぐきが痩せていると治療しづらいと言われています。特に高齢の女性の場合、骨が薄くなっていることが多いため治療しづらいようですね。

ケースによって、インプラントを数本入れた上で支えにする場合もあります。また、6~8本程度インプラントを埋め込むことでブリッジ治療が可能になるそうです。

審美性の高い入れ歯

最近では審美性の高い入れ歯で治療を行うことができるようになりました。

さらに、審美性に加え強度に優れた入れ歯も開発されているようですね。

たとえば、スマートデンチャーやホワイトフックなどがあります。

審美性の高い口元にしたい場合、こういった入れ歯を使って治療することをおすすめします。

入れ歯の費用

入れ歯には保険内でできるものと保険外のものとがあります。

保険内のものは使える素材が限定されており、一般的にはレジンと言われるプラスチックに似た素材で作られることが多いです。ただ、この素材は大変壊れやすいので、ある程度厚みを持たせて作成しないと、噛む力によって壊れてしまうことがあります。

口の中に違和感があったり熱が伝わりづらいので味を感じづらくなり、食事が楽しめなくなることもあります。

また、ひと目みただけで入れ歯だということが分かってしまうので、審美性も低く装着感もいいとは言い切れません。ただ、保険を使って作る入れ歯の場合3割負担の方で1万円程度で作成できるメリットもあります。

この費用には治療に関する費用がほとんど含まれているため、非常に安く入れ歯の作成が可能ということになります。ただ、作成後6カ月間は作り直すことが不可能となっており、なくしたり壊してしまった場合は全額自己負担で作成する必要があります。

いっぽうで、保険外で作る入れ歯の場合保険内のものより審美性が高く、機能性にも優れたものが多いですが、費用も高額になりますし、治療に関する全ての費用が自己負担になるため注意が必要です。

使用されている素材によって費用は変わってきますが、患者さんのライフスタイルやお口の状態、希望によって歯科医師が最適なものを選ぶことになっており、15~50万円程度になることがほとんどです。

さらに、装着感も非常によく噛んだ時に違和感がなくしっかりと硬いものでも噛めるので、食事が楽しめストレスなく生活できます。

審美性も高いため、まるで自分の歯のような見た目を再現できます。

入れ歯のメンテナンスの重要性

入れ歯は必ず1日に1回は外しきれいに洗いましょう。

床とバネの裏側は特にプラークが付きやすくなっています。

常にお口の中をきれいに保つことによって残された健康な歯の寿命を延ばせます。そのためにも定期的にクリニックで検診を受けていただき、違和感があればきちんと伝えるようにしましょう。

まとめ

入れ歯の種類や特徴、メリットやデメリット、費用・・などについてまとめてみました。

入れ歯にはさまざまな種類がありますが、保険が使えるかどうかで費用が変わってきます。

費用面だけで考えると保険を使ったものが安く治療できます。

ただ、前歯を入れ歯にする場合などは装着感や審美性を重視したいですよね。人の第一印象は口元が重要だと言われています。見た目がよく機能性の高い入れ歯を希望するなら、保険外診療の入れ歯を治療の選択肢の1つとして考えてみてはいかがでしょうか?

入れ歯のご相談は松島歯科へお任せ下さい。