合わない入れ歯を使用することの危険性とは

はじめに

入れ歯とは本来きちんと合っていれば噛みづらいとか痛い・・などのトラブルが起きないものですが、中には入れ歯だからしょうがないとか、保険を使った安物だからあきらめよう・・などと思っている方も多いです。
合わない入れ歯を使い続けていると、さまざまな弊害があると言われています。
ここでは合わない入れ歯を使うことの危険性や対処法などについて具体的にまとめてみましたので、現在入れ歯を使っている方もまだお使いでない方もぜひ最後まで読んでみてくださいね!

入れ歯が合わない原因とは

作った時はきちんと合っていた入れ歯が使っているうちに少しずつ合わなくなってくることがあります。
その原因は歯を支えていた骨が歯がなくなることで痩せてしまったり、入れ歯が接着している面積が小さくなったり、噛む力によって骨やあごが変形してしまう・・などだと言われています。
場合によっては入れ歯を作った時から作る人の技術力不足によって合わないということもあり得ます。
入れ歯には違和感があるものだからあきらめよう・・と思っている人が多いようですが、合わないまま使い続けているとさまざまな危険性があるので注意しましょう。

合わない入れ歯を使う危険性とは

入れ歯を作ってもさまざまな原因で合わなくなる方が多いようです。
ですが、合わない入れ歯を使い続けているとお口の中だけでなく、全身にも悪い影響を与えることがあるので注意が必要です。

痛みが起きたりあごの骨が変形する

入れ歯が合わないとすぐ外れてしまい、吐き気や痛みが起きることがあります。
また、入れ歯を合わないまま使っていると、噛む時に力がかかるところとそうでないところが生じるためあごの骨が変形してしまい、さらに入れ歯が不安定になって合わなくなる・・という悪循環になります。
そうなると、入れ歯安定剤を使うことになってしまうのです。
ですが、入れ歯安定剤を使うと自己判断によって入れ歯の位置を決めることになるため、適した位置でないところに固定され骨に余計な負担がかかってしまいます。
さらに、痛みをごまかして使い続けることになるので炎症が起きたりします。

お口の中の粘膜が傷つく

合わない入れ歯を使い続けると、お口の中の粘膜に傷がついてしまい、それが元で感染症が起きたりします。
部分入れ歯だと、それを支えている歯にダメージが積み重なってしまいその歯自体を失うことになりかねません。
さらに、入れ歯に違和感があると会話や食事がめんどうになってしまうため生活の中の楽しみやハリがなくなってしまい、生活の質が低下することもあります。

噛み合わせが悪くなる

合わない入れ歯を使っていることの最大の問題としては噛み合わせが悪くなることが挙げられます。
当然ですが、入れ歯の噛み合わせが悪いとしっかり噛めないので、硬いものを食べなくなり柔らかいものばかり食べるようになって、栄養バランスが崩れてきます。
咀嚼によって脳の血流を促し、頭の筋肉を活発にして酸素や栄養を送り込むことができ、脳神経細胞を刺激できると言われています。
入れ歯が合わないままだとしっかりと噛めなくなり、脳への刺激も減って認知症になりやすくなります。
実際に、認知症の方の多くがしっかりと噛めないことが分かっています
健康な高齢者の方の歯の残存数は14.9本だそうですが、認知症の方は9.4本だということが分かっており、残っている歯の数が少なくなるほど思考や意思をつかさどっているとされる前頭葉や、学習能力や記憶力をつかさどっている海馬と言われる部分が小さくなるそうです。
きちんと合った入れ歯だと、しっかりと噛めるので脳へ刺激が与えられますが、合わないまま使っているとそれが十分にできなくなるため歯がない状態と同様になる・・というわけですね。

入れ歯が合わない時の対処法

作成したクリニックで調整してもらう

入れ歯を作ってもらったクリニックへ行って、現在のお口の状態に合うよう調整してもらうことをおすすめします。
作成したクリニックならお口の中の状態などの記録が残っているので安心だからです。
入れ歯の調整とはどういった不具合があるのかなど、患者さんの感じることを聞いていき、不具合を確認して噛み合わせのチェックなどを行っていきます。
強く当たっているところがあれば、入れ歯を削り歯ぐきと当たっている部分を滑らかにして調整していきます。
ただ、保険を使って作った入れ歯の場合なので、自費で作ったものだとこういったことができないものもあるので注意しましょう。

調整しても合わない場合は自費の入れ歯がおすすめ

やはり、保険を使って作成した入れ歯だと素材や工法などが制限されるため、自費で入れ歯を作ることをおススメします。
自費だと作成する際の素材や工法がさまざまなものから選べるため、お口の状態や患者さんの好みに合わせたものが選べるメリットがあります。
他に自費で作る入れ歯にはメリットが多いです。
素材や工法が選べるのは当然ですが、作る工程においても保険を使った入れ歯より精密で丁寧なのが特徴で、仕上がり具合も患者さんのお口にぴったり合ったものが期待できるでしょう。
それに、保険を使った入れ歯だと温度を感じづらいものが多いですが、自費の入れ歯はしっかり感じることができるので食事も楽しめますし、審美性もまるで天然の歯のような仕上がりです。
つまり、違和感だけでなく噛みやすさや審美性の面でも非常にメリットが多いと言えるでしょう。
もし、保険を使った入れ歯がどうしても合わない場合は自費で作ってみるのも一つの手ですよ!
ただ、自費で入れ歯を作ると保険を使ったもののように制約がないので、保証内容などをクリニックできちんと説明してもらうようにしましょう。

まとめ

合わない入れ歯を使い続けているとさまざまな危険性があるということが分かりました。
違和感があるなら無理にがまんして使い続けたり、外したままにするのではなく、クリニックで相談するようにしてくださいね!
今お使いの入れ歯が合わないならクリニックで調整してもらうようにしましょう。
ぴったり合った入れ歯を使い、毎日を楽しく豊かになるように努めましょう!

 

入れ歯のご相談は松島歯科へお任せ下さい。