歯を失ってしまった人にインプラントがおすすめな理由

はじめに

歯をなくしてしまったところを補う治療法として、最近インプラント治療が広く行われるようになってきました。
このインプラント治療は最新の歯科治療として注目されています。
ただ、インプラントという言葉は知っていても、詳しく知らないという方がほとんどでしょう。
また、手術は危険ではないの?怖くないの?と思っている方も多いはずです。
インプラントの意味は埋めるとか植立する・・という意味で、整形外科で人工関節のことを、歯科医療ではあごの骨に埋め込むものをインプラントと呼んでいます。
このインプラントがおすすめな理由をご紹介しましょう。

歯を失くしてしまう原因

まずはじめに、どういった理由で歯を失ってしまうのか。
その原因についていくつかご紹介いたします。

歯周病

歯周病とはたばこや食事により付いてしまった歯石が原因で起こる病気のことで、歯石が残っていると歯ぐきが腫れてしまい少しずつ症状が進行します。
クリニックですぐ治療を行えば食い止められますが、これを怠るとどんどん骨が溶かされてしまうため、歯がぐらつきだし最終的には抜けてしまいます。
こうなってしまうと、ブリッジや入れ歯、インプラントなどで治療するしかありません。
また、すぐに歯は抜けませんが、少しずつぐらつき出しその期間が長引けば長引くほど硬い食べ物を噛む時などに歯にダメージが与えられます。
歯周病によって歯を失ったあとにインプラント手術を行う際、歯周病の治療を先に行います。
切開したところに細菌が入ってしまうと手術後その腫れが悪化したり、腫れが起きたりする可能性があるためです。
歯周病による腫れは菌がない状態だと抗生物質や消毒などでおさまりますが、少しずつ腫れが収まればインプラント手術が可能になります。

虫歯

虫歯は虫歯菌によって酸が作られ少しずつ歯が溶かされていく症状のことで、虫歯を放っておくと虫歯菌が歯の中まで侵入してしまい最終的に歯がだめになります。
虫歯になるとすぐに治療をすれば間に合いますが、放っておくとどんどん虫歯が進んでしまい神経まで虫歯菌が達してしまいます。
この時、歯の神経が死んでしまっていたら神経を治療することができなくなり、抜歯する必要が出てきます。
また、いったん神経を治療した歯でも被せものや歯の根っこのお薬が腐っていれば抜歯することになります。

怪我や事故

なんらかの怪我や交通事故により歯がぐらついてしまう、歯が欠けたり折れたりした場合は抜歯する必要が出てきます。
永久歯が折れてぐらついてしまったら元に戻すころはできないので、こういった場合には入れ歯やブリッジ、インプラントなどで治療するしかありません。

インプラントがおすすめの理由

  1. 残っている歯の負担が少なくて済む
    インプラント治療を行うとブリッジ治療などとは違い、両隣の歯を削らずに済みます。
    また、ブリッジ治療だと健康な歯を土台にするためものを噛む時の負担が増えてしまい、噛む時の負担が増え歯の寿命が短くなります。
    ですが、インプラントなら健康な歯を土台にしないので周囲の歯に負担がかかりません。
  2. しっかりと噛める
    入れ歯の場合に噛む力は天然の歯と比べると2~3割程度しかないと言われています。
    いっぽう、インプラントなら天然の歯と比べて8~9割程度回復できます。
    咀嚼力が回復できるため粘着性の高いものや硬いものであってもしっかりと噛めるので食事の際に不便がありません。
  3. 筋肉のバランスや噛み合わせのバランスがとりやすい
    噛む力についてと関係するかもしれませんが、歯をなくして片側ばかりで食事していると、筋肉や噛み合わせのバランスが乱れてきます。
    この状態が続くと少しずつ顔がゆがんできてしまいハリも失われてきます。
  4. 審美性が高く目立たない
    インプラントはあごの骨に固定するため人から見えることもなく、歯もセラミックを使えば自然な色が実現できます。
    つまり、人からインプラントだと気づかれずに生活できます。
  5. ケアしやすい
    インプラントは人工歯を固定した状態で使用するため、まるでご自分の歯と同様にケアできます。
    入れ歯の場合は食事の度に取り外して洗う必要があり、ブリッジだと汚れが溜まりやすいため日ごろのケアに手間と時間がかかるのがデメリットです。
    長く使うものなので、日ごろのケアが簡単に済むのは非常にありがたいですよね。
  6. 食事が楽しめる
    入れ歯の場合には熱さを感じにくくなったり、味覚が落ちると言われています。
    そのため、お口の中や喉をやけどすることがありますが、インプラントなら自分の歯と同じような状態にできるのでそういった心配もありません。
  7. 会話しやすい
    入れ歯が合わないと会話の際に支障が起きたり、会話しづらかったりしてしまいますが、インプラントなら歯根部から再生できるためそういった心配は皆無です。

インプラントの費用

これだけメリットの多い治療法ですが、気になるのはインプラントの費用ですよね。
インプラントは自由診療なのでクリニックによって費用が変わってきます。
一般的に1本当たり40万円前後のところが多いようですが、クリニックによってかなり差があります。
ホームページを持っているクリニックも多いため一度見ておくといいでしょう。
インプラント治療にはさまざまな行程があり、それごとに費用が発生します。
たとえば、インプラント手術に20~30万円程度、人工歯が5~20万円程度、土台の部分が1~5万円程度・・となっています。
これらを合計して計算していきますので、40万円程度が相場になりますね。
これを前もって知っていないと、治療が始まってから聞いていた費用の額と違うなどのトラブルになるため注意しましょう。
さらに、保証制度にかかる費用や骨が足りない時の再生治療代、麻酔代・・なども確認しておきましょう。

まとめ

インプラントがおすすめの理由を具体的に挙げてみました。
ただ、素晴らしい治療法であるインプラントですがメリットばかりでなくデメリットもないとは言えません。
しっかりとクリニックでカウンセリングを受けていただき、メリットとデメリット両方を説明してもらった上で納得して治療に臨んで下さいね!

 

インプラント治療のご相談なら松島歯科へ!