その口臭ブリッジが原因かも!?正しい臭い対策とは

はじめに

みなさんは虫歯をきちんと治療してもう虫歯はないはずなのに、どういうわけか口臭が気になる・・ことってありませんか?
もしかするとそれは治療したブリッジのせいかもしれません。
そこで、ここではブリッジが原因で起こる口臭についてまとめてみました。
ブリッジが原因で起こる口臭とその対策について書いてみますので、ブリッジ治療を受けた方やこれから受けようという方は読んでみていだたきたいです!

ブリッジ治療とは

ブリッジ治療とは何かの原因で歯がなくなったところを補うためその両隣の歯を削って橋げたにし、被せものをする治療法のことです。
ブリッジとは一般的な歯科治療法として広く知られていますが、これを取り外し可能な入れ歯と勘違いされている方も多いです。
入れ歯との違いは削った歯に人工歯を付けるため、噛んだ時に入れ歯のようにがたついだりせず天然の歯のように食事ができるということでしょう。
さらに、入れ歯のようなバネがないことや、白い材料たとえばセラミックなどでブリッジを作ることで審美性の高い治療ができます。

 

ブリッジによる口臭の原因とは

ブリッジで口臭が起きる原因には次の3つのことが考えられます。

・磨きづらい

ブリッジは取り外しができない構造なので、ブラッシングの際に磨きづらいです。
食べもののかすや、プラークなどの汚れが溜まっても磨きづらいので、臭いがひどくなり歯周病になったりします。

・虫歯になりやすい

いったん治療した歯は他の治療していない歯と比べると弱くなってしまうので、再度虫歯になりやすいです。
また、ブリッジがいくらぴったり合っていても、経年劣化するのは間違いないです。
土台となる歯とブリッジとのすき間から虫歯が進んでいくことが多いと言われており、土台となる歯が虫歯になっているのを放置していると、歯根部に膿が溜まったり、口臭の原因になるほか、最悪ブリッジが取れてしまうこともあるそうです。

・歯周病になりやすい

歯周病は歯と歯ぐきの間の歯周ポケットというところに汚れや細菌が溜まることで歯ぐきに炎症がおき、歯槽骨にまで炎症が進んでしまい、骨が溶かされる病気です。
重度にまでなると、最悪歯が抜け落ちることもある恐ろしい病気です。
この歯周病には歯肉炎と歯周炎とがあり、歯肉炎が進行すると歯周炎になります。
歯周病の原因となる歯周病菌は悪臭を放つと言われています。
なので、歯周病になるときつい口臭が起き、特にメチルメルカプタンという名前のガスが発生すると言われており、そのにおいは腐った玉ねぎのようなにおいとか、腐った野菜のにおい・・などと言われるほど強烈なものです。

放っておくと大変なことに…!歯周病が体に与える悪影響とは?

ブリッジの正しいケア法

ブリッジのケア方法にはさまざまなポイントがありますが、正しいケア法を知っていただき、口臭を防止するようにしましょう。

・歯ブラシで汚れを除去する
一般的な歯ブラシでいいので、汚れを落としていきます。
その時、ダミーとして使われている歯の底部分や健康な歯との間を意識的にていねいに汚れを取り除きましょう。
使用する歯ブラシは毛が柔らかいものがよく、毛先が細くなっているものがいいでしょう。

・歯間ブラシを使ってきれいにする
歯ぐきとダミーの歯のさかい目は歯間ブラシを使ってきれいにすると汚れがよく落ちます。
歯ブラシだけできれいにしようとすると時間もかかりますので、きれいにするには補助的なアイテムをうまく取り入れることが効果的です。
ポイントになるのはダミーの歯と歯ぐきのさかい目部分のサイズにぴったり合った歯間ブラシを使うことでしょう。
サイズはさまざまなものがあるので、クリニックでどのサイズがいいのか聞いてみてもいいでしょう。
もし、市販品を使う場合はまずはSサイズを使ってみることをおすすめします。
・仕上げはフロスを使う
最後にダミーの歯の底の部分をフロスを使って仕上げましょう
底に汚れが最も付きやすく取りづらいため、デンタルフロスは必要不可欠です。
太めのフロスを使って汚れを取り除けば口臭防止効果があります。
最初のうちはコツがいるでしょうが、慣れてくると簡単に使うことができますが、難しいな・・と思ったらクリニックで歯科衛生士さんに使い方を教えてもらうといいでしょう。

・クリニックで定期検診を受ける
差し歯や被せものと比べると、ブリッジはダミーの歯や連結部分があるのできれいにしづらいです。
口臭を防止する以外に虫歯や歯周病のリスクを防止するためにも、正しいケア法をしっかりと理解しておきましょう。
ブリッジ治療を受けた時に、クリニックで歯科医師や歯科衛生士からケア法を教えてもらっておくといいでしょう。
また、インプラントと比較すると軽く見られがちですが、虫歯や歯周病などを早期発見しブリッジの寿命を延ばすには正しいお手入れと同時に定期的なクリニックでの検診も大切です。
歯についた歯石は人体にとっては無害ですが、歯の表面に歯石が溜まってしまうと歯磨きしづらくなり虫歯や歯周病になりやすくなり、当然口臭が起きたりします。
それに、歯周ポケットに歯石が頑固についてしまうと見た目はきれいに見えても実際には歯周ポケットの中で細菌が繁殖して最悪あごの骨を溶かしてしまうこともあります。
つまり、定期的にクリニックで定期検診を受けてこそ歯周病や虫歯を防止できるのです。
定期検診ではPMTCという施術も行っていますので、ぜひ受けるようにしましょう。
ブリッジの寿命を延ばすためにも口臭防止のためにもクリニックで定期的に検診を受けましょう。

歯の定期検診に行った方がいい理由とは?

まとめ

虫歯治療を受けブリッジを装着したからと言って、安心してはいけません。
歯とブリッジとの間は空洞になっているため、日ごろからきちんときれいにしてあげないと汚れが溜まってしまうからです。
この点はなにもブリッジに限ったことではなく、虫歯治療を行い金属を詰めたり、被せたりした場合も同じです。
虫歯治療を受けたのに口臭が起きる・・という方は全ての歯と歯の間をきれいに掃除してみましょう。
意外とご自分が想像する以上に食べもののカスが詰まっていることが多いです。
ここでご紹介したケア法をきちんと行っていただき、口臭を防止するようにしてくださいね!