インプラント治療の安全性は大丈夫?

インプラント治療の成功率は現在95パーセント程度にまで高まっており、上あごより下あごの方が治療がしやすいためより成功率が高いそうです。

これを見るとかなり高い成功率であり安全性に問題はないと言えますが、完全に安全だとは言い切れません。
インプラントだけでなく、どんなものでも100パーセント問題のないものなど存在しません。
たとえば、最新の商品であっても初期不良があったりするものもありますし、絶対にトラブルがないとは言い切れませんよね?
そういう意味で、インプラント治療は非常に安全性の高い治療ではありますが、リスクも伴うものです。
どういったリスクがあるのか理解した上で、治療するかどうかを考えるようにしましょう。
ここではインプラント治療の安全性などについてご紹介します。

インプラントの安全性

インプラント治療とはあごの骨を削って人工歯根を埋め込むものです。
この治療で使われている人工歯根は整形外科で治療の際に使われるチタン合金や純チタン製のもので、金属アレルギーが起こりにくく人体との親和性も高いものです。
さらに、インプラント治療を行う際、麻酔が使われるので手術中に痛みはほとんど感じませんし、さらに静脈鎮静法などを使うことで不快な症状を取り除くことができます。
ですが、やはり外科的手術ですので、完全に安全性が保たれるとは言い切れません。
歯科用CT撮影機などを使った術前の検査が行われていないとか、患者さんのお口の中の状態がきちんと検査されていないなど、適切な準備がなされていない場合には再手術になる可能性もあります。
ですので、手術前にしっかりとクリニックで検査を受けることが大切です。

インプラント治療の痛みについて

インプラントの失敗例とは

当然ですが、インプラント治療で安全性が最も求められるのはインプラントを埋め込む際の手術を行う時です。
お口の中とは言っても外科的手術で、あごの骨にインプラントを埋め込むという処置は大がかりなものになると言ってもいいでしょう。
実際インプラントをあごの骨に埋め込む際に注意するべき点があります。
上あごの骨には上顎洞という空洞と繋がっていて、下あごの骨には下顎管という大切な神経があります。
インプラントを上あごに埋め込む時はインプラントがこの上顎洞に入らないようにしなくてはなりません
また、下あごに埋め込む際にはこの下顎管を傷付けないようにする必要があるのです
インプラント治療で最も多い失敗例はインプラントの上顎洞へ脱落してしまうこと、下顎洞を傷付けること・・の2つだと言ってもいいでしょう。
他に、あごの骨の量が足りないところにインプラントを埋め込んでしまったことで、骨とインプラントがきちんと結合しないということも挙げられます。
これらはどれも治療を行う歯科医師の経験不足と技術力の不足によるもので、よくあることだと言えます。
このような失敗をしないことが当然の治療が行えて初めて安全なインプラント治療を呼べるのです。

【インプラント治療を行う前に】知っておきたいメリット・デメリット

安全なインプラント治療とは

・CT撮影

クリニックで撮影を行う場合に使用する従来のレントゲン写真は二次元的ですが、CT撮影によって三次元的に撮影が可能です。
三次元的な撮影を行うことで骨や歯の状態をより正確に診断することが可能になります。
つまり、手術前の検査でCT撮影機を使っているかどうかは大変重要なポイントです。

・経験豊富な歯科医師かどうか

患者さんの希望やお口の中の状態、撮影した画像を正確に判断できるか・・などがしっかり行え、最適な治療法を提案することが大切です。
なので、知識や経験、技術力が豊富な歯科医師に任せるようにしましょう。
手術前にはCT画像を見せてもらい、診断結果を詳しく説明してもらうことが大切です。

・歯周病ケア

インプラントをできる限り長く持たせるためには清潔な状態を維持する必要があります。
噛み合わせが強すぎたり、キレイにケアできていないとインプラント周囲炎になる可能性が高まります。
そのためにも定期的にクリニックで検診を受けていただき、プロによるクリーニングや噛み合わせをチェックしてもらう・・などが必要です。
また、次の定期検診までの間はご自分でのケアが必要なので、しっかりとセルフケア法も教えてもらうようにしましょう。

気付いてからじゃ手遅れ!?知っておきたい歯周病治療について

インプラント治療後のケア法

インプラント治療がいくら安全に受けられたとしても、治療後のケアがおろそかになればインプラント周囲炎になったりすることがあります。
では、インプラント治療後にどういったことに気を付ければいいのでしょうか?

・基本のケア

日ごろのご自分でのケアは基本的に天然の歯と同様で、毎日の歯磨きが必要不可欠です。
歯間ブラシやデンタルフロス、デンタルリンスなどを使い、歯とインプラントの上部構造の間にあるプラークを取り除きましょう。
インプラント用の歯ブラシなども売られているため、そういったものを使うのもおすすめです。

・クリニックでのメンテナンス

日ごろのご自分でのケアに加え、インプラント治療を受けた後はクリニックで定期的にメンテナンスを受けることも重要です。
インプラントは骨と結合しているためぐらついたり、取れてしまったりしませんが、埋め込まれた周囲の歯ぐきに炎症が起きることがあり、重症化するとインプラントと結合した骨まで進むことがあります。
そうなると、インプラントを支えきれず結果的にインプラントが使えなくなることもあります。
そうならないように、クリニックで定期的にチェックしてもらいお口の中をクリーニングしてもらうことによって、長期間インプラントを清潔にしておくことができます。
定期的にクリニックに通院するのは面倒だな・・だと感じるかもしれませんが、長い目で見るとインプラントの寿命を延ばすことができますし、それ以外にもメリットが多いため面倒がらずに通院することが大切です。

まとめ

インプラント治療を安全に受けるため、また、できるだけ長く付き合うためにはご自分に合ったクリニックを見つけて頂き、十分に理解した上で治療を受けることが大切です。
また、治療後のセルフケアも大切ですのできちんと行うようにしましょう。
みなさんがインプラント治療を安全に受けられることを願っています!