部分的に・多くの歯が無い場合のインプラント治療とは

みなさんは万が一歯をなくしてしまった場合の治療法を考えたことがありますか?

歯を失ってしまった場合の治療法としては、今までは入れ歯やブリッジが一般的でしたが、最新の治療法にインプラント治療というものがあり注目を集めています。

ここでは歯を失った際の最新のインプラント治療とはどういったものなのか、部分的に歯を失った場合、多くの歯を失った場合に適したインプラントについてご紹介致します。

インプラントとは

そもそもインプラントとは人工的な材料を体の中に埋め込むものの総称です。

歯科医療分野では歯をなくしてしまったあごの骨に親和性の高い材料で作られた歯根を埋め込んで土台にし、セラミックなどでできた人工歯を装着したものを言います。

基本的にパーツは3つに分かれており、あごの骨に埋め込むインプラント体とインプラント体の上に取り付けるアバットメント、歯の部分に当たる人工歯があります。

なお、インプラント体の材質としてはチタンかチタン合金が主流で、アバットメントはチタン合金、チタン、ジルコニアなどが多く、上部構造はセラミックやレジン、ハイブリッドセラミックなどがあります。

インプラントの歴史

このインプラント治療の歴史は紀元前からあり、現在行われているインプラントに似たものが1900年代始めに登場したと言われています。ですが、貴金属を材料としているため成功しなかったようです。

その後、コバルトクロム合金などを使ったものが出てきたようですが、このような金属は生体との親和性が低かったのでうまくはいかなかったようです。

1950年代になるとスウェーデンのブローネマルク博士らが骨とチタンとが結合することを見つけ、1965年にチタン製スクリュータイプのインプラントを使った方法を発表しました。

さらに、長期的に優れた臨床成績が発表されたため世界的に承認されて使われるようになり、それと同時にさまざまなメーカーから数多くのインプラントが発売されるようになったのです。

日本では1983年に治療が始まっています。

失った歯を取り戻す!インプラント治療で食べる喜びを取り戻しましょう!

インプラント治療のメリット

インプラント治療は手術が必要であごの骨の質や量などの影響を受けたり、保険外診療のため治療費がかさむ、治療期間が長いなどのデメリットがあるのも事実です。しかし健康な歯への負担も少なく天然の歯のような審美性や機能性を実現できるという大きなメリットがあります。

最近では生活の質の向上に伴って快適性や利便性、審美性を追い求める風潮が広まっているため、インプラントを選択する方が増えているのです。

入れ歯では使い心地に違和感がある、金具で支えているため歯に負担がかかり痛みがあるなどさまざまなトラブルが考えられますが、インプラント治療ならそういった心配がありません。さらに、まるで自分の歯のように噛むことができ、食事や会話を楽しめるため生活の質が向上します。

【インプラント治療を行う前に】知っておきたいメリット・デメリット

部分的に歯が無い場合のインプラント治療

即時荷重インプラント

部分的に歯をなくしてしまった場合に最適なインプラント治療の方法の一つに即時荷重インプラントというものがあります。

インプラント治療は素晴らしい治療法ですが、従来のインプラント治療は外科的処置を終えて仮の歯を入れるまでに数か月もの安静期間が必要ということが最大のデメリットでした。

しかし、インプラントをしたその日のうちに仮の歯を入れられる即時荷重インプラントという最新技術が現れたため、仮の歯を骨に埋入したインプラント体に固定することができ、外科的処置をしたその日のうちに噛むことができるようになりました。

ただ、即時荷重インプラントもメリットばかりではありません。骨の質が良くない場合には行えない場合があるため、全ての方に適用できるとは限りません。

すぐに治したい!そんなあなたに即日インプラント

多くの歯が無い場合のインプラント治療

オールオンフォー

これまで多くの歯を失ってしまった場合の治療法として行われてきたのは入れ歯でした。ですが、入れ歯には硬いものは痛くて噛めなかったり、取り外してきれいにする必要がある、違和感がある、会話中に動いてしまうなど、さまざまな問題点がありました。

インプラントはこのようなデメリットが解消されるものですが、費用が高額で外科手術が必要、治療期間が長いなどの問題点がありました。

しかしオールオンフォーならその日のうちに仮の歯が入れられるので、食事もその日のうちにできるメリットがあります。

また、通常のインプラント治療と比べると本数が少なくて済むため費用がさほどかかりません。治療回数や期間も短くて済み、痛みや腫れも軽減できます。

ただし、歯科医師と要相談となるケースがあります。例えば、日頃の食生活で噛む力が強い場合や、骨の量が少なくインプラントを埋めることができない、食いしばりや歯ぎしりなどインプラントに強力な力がかかる、12本以上の歯を回復させたいといったケースです。

口腔内の状態には個人差があるので、適切な治療方法も異なります。安全に治療を進めるためにも必ず医師の指示に従うようにしましょう。

クリニック選びのポイント

では、インプラント治療を受ける際のクリニック選びのポイントをご紹介致します。

カウンセリングがしっかりしているか

インプラント治療は患者さんにとって手術が必要になるため、恐怖感や不安感の多い治療法です。納得した上で治療を受けるにはカウンセリングをしっかり受け、歯科医師と信頼関係を築くことが重要でしょう。

歯科医師の技術力の高さ

最新治療であるインプラント治療は外科的処置が必要な難しい治療ですので、治療を担当する歯科医師の高い技術力や実績の多さが要求されます。

それらを事前にチェックすることが大切ですね。

最新設備かどうか

インプラント治療では手術をより安全で正確に行うためにお口の中を詳しく調べる必要があります。

こういった検査が行える歯科用CTなどの最新設備が備わっているかもチェックしましょう。

まとめ

部分的に歯を失った場合、多くの歯を失った場合のインプラントの治療方法などをご紹介致しました。

インプラント治療を受けるのは心配という方もいらっしゃるかもしれませんが、技術力の高いクリニックで治療を受ければ入れ歯やブリッジなどと比べて機能の回復力が素晴らしい治療法です。

また、歯の残存率も高いと言われているため、しっかりと担当の歯科医師と相談した上で納得し治療を受けるようにしましょう。