入れ歯の適切なお手入れ方法について

入れ歯を使用している方の中には「人工の歯だから虫歯にならない」という理由でお手入れをおこたってしまったり、部分入れ歯やブリッジ等の義歯のお手入れをきちんと行わないことが原因で義歯の隣の歯が虫歯になる、義歯の部分の歯ぐきやあごの骨が歯周病になってしまうといったケースが見受けられます。

確かに、入れ歯は人工の歯であり虫歯になることはありませんが、だからと言ってお手入れを怠ってしまうとお口の中のさまざまな病気や不具合が発生する恐れがあります。

入れ歯は正しいお手入れを行うことでより入れ歯が長持ちするとともに、周辺の歯が虫歯になるリスクや歯周病を発症するリスクを下げることが出来ます。

今回は、入れ歯をお使いの患者様のお口の健康を保つために欠かせない「入れ歯の適切なお手入れ方法」についてお話をさせていただきます。

入れ歯のお手入れについて

入れ歯は毎日のお手入れをこまめに行い、清潔にしておくことが重要です。
入れ歯のお手入れを怠ってしまうと虫歯や歯周病にかかりやすくなってしまいますので、毎日きちんとケアすることを心がけましょう。

基本のお手入れで使う道具

入れ歯をお手入れする際には、入れ歯を外してからケアを行います。
ケアを行うときの道具は小さめの歯ブラシか入れ歯専用のブラシを使いましょう。
小さめの歯ブラシを使う理由は、大きな歯ブラシで入れ歯を磨くとどうしても磨き残しが多くなってしまうためです。
また、入れ歯を磨くときに歯磨き粉を使うと歯磨き粉に含まれている研磨剤の成分が入れ歯をすり減らす原因になってしまいますので、歯磨き粉の使用は控えてください。

入れ歯を磨くときのポイント

必ず「水道の水を流しながら磨く」こと

入れ歯を磨く際の第一のポイントとしては、入れ歯を磨くときには洗面器などに溜め水をして洗うのではなく、必ず水道の水を流しながら流水の下で入れ歯を磨くようにしてください。
水道の水を流しながら入れ歯を清掃する理由は、洗面器などの溜め水で入れ歯を洗ってしまうと一度落とした汚れがふたたび入れ歯に付いてしまうためです。
ただし、水を流しながら入れ歯を洗うときには、入れ歯を落としてしまった場合に備えて水を張った洗面器を置いておき、洗面器の上で入れ歯のお手入れを行うようにましょう。

入れ歯の磨き方

  1. 入れ歯を磨くときには、まず、入れ歯をしっかりと持ちます。
    このとき、クラスプと呼ばれる金具の部分を持つと変形してしまうことがありますので、入れ歯を持つときにはあごの部分(義歯床)を持つようにしましょう。
  2. 次に、小さめの歯ブラシか入れ歯専用のブラシを使い、入れ歯の中央部分(義歯床)から人工歯の方向に向かってブラシを動かして入れ歯を磨いてゆきます。
  3. 中央部分の清掃が終わったら、次は人工歯と人工歯のあいだにブラシを平行になるように当て、まっすぐ上下させて人工歯のあいだに溜まっているプラークや食べカスなどを落としましょう。
  4. 最後に、入れ歯全体を目で見て汚れがついていないかをチェックし、さらに指先で入れ歯表面をさわってヌルヌルしたものがついていないかを確認して、もし、汚れやヌルヌルがついている場合にはその部分を磨いて汚れを落とすようにしてください。

入れ歯洗浄剤も合わせて使用しましょう

入れ歯はクラスプと呼ばれる金具や人工歯と人工歯の間、そしてあごの部分にあたる義歯床など、凹凸が多く複雑な形状をしている箇所が多いため洗いづらく、歯ブラシだけで汚れを落とすことは難しくなります。

そのため、入れ歯をお手入れする際には入れ歯についた磨き残しの汚れを入れ歯洗浄剤を使って落としてゆきます。

入れ歯洗浄剤を使うときには、まず最初に流水下でブラッシングを行い入れ歯の汚れを落とした後に、入れ歯洗浄剤を水かぬるま湯で溶かしておき、洗浄剤を溶かした水の中に入れ歯をつけるようにします。

もし、ブラッシング後に入れ歯の汚れやヌルヌルがたくさん付着しているようであれば、一晩、入れ歯を洗浄剤が溶けている水の中につけておきましょう。

洗浄剤に入れ歯をつけた後は、最後に、つけておいた水の中から入れ歯を取り出し、歯ブラシか入れ歯専用ブラシを使って仕上げ磨きを行えば、基本的な入れ歯のお手入れは完了となります。

毎食後3回+洗浄剤1回が基本

入れ歯はブラッシングによるお手入れが毎食後3回、そして洗浄剤を使って行うお手入れが就寝前に1回の合計1日4回のお手入れをする必要があります。

1日4回のお手入れを怠ってしまうと、入れ歯に付着したプラーク(歯垢)や食べカスが歯石となり、歯石にひそむプラークが原因で周辺の歯の虫歯や歯周病を発症する確率が上がってしまいます。

入れ歯が原因の虫歯や歯周病を引き起こさないためにも、食事の後と就寝前の入れ歯のお手入れは毎日欠かさずに行うようにしましょう。

入れ歯の保管方法について

取り外したら必ず水の中に入れて保管

素材によって違いはあるものの、入れ歯は熱や衝撃に弱く、また乾燥にも弱いため、入れ歯を外してそのまま放置するとひび割れや変形が起こることがあります。

特に、就寝前に入れ歯を外して保管するときにはひび割れや変形を防ぐためにも、入れ歯は必ず、水が入った容器の中につけておくようにします。

入れ歯をつけておく保存容器の中の水は使い続けると細菌が繁殖してしまい不衛生ですので、水はこまめに取り替えるようにしましょう。

毎日の歯磨きも重要

部分入れ歯やブリッジは天然の歯よりもプラークがつきやすいため、毎食後はしっかりと歯磨きを行い、残っている歯が虫歯にならないようにしましょう。
また、総入れ歯の場合も歯ぐきをマッサージすることにより、歯ぐきの血行が改善されて歯周病予防に繋がりますので、毎日しっかりと入れ歯のお手入れを行うとともに歯磨きによるブラッシングも合わせて行い、歯ぐきの健康を保つように心がけましょう。

入れ歯のお手入れはお口全体の健康に繋がる

入れ歯は一度作ればそれでおしまいという物ではなく、古くなった入れ歯は数年ごとに新しく作り変える必要があるものです。また、部分入れ歯やブリッジなどの義歯を使用している場合は残っている歯を守るために「3ヶ月に1回」程度の頻度で歯科医院の定期検診を受ける必要があります。

残っている歯が虫歯になったり、入れ歯を支えている歯ぐきやあごの骨が歯周病になってしまうのを防ぐためにも、毎日の食生活や外出時に欠かせない入れ歯のお手入れをきちんと行い、お口全体の健康を保つことを心がけるようにしましょう。

<医院案内>
・最寄り駅
JR新橋駅 烏森口より徒歩約10分
都営三田線 御成門駅 A5出口より徒歩約4分
内幸町駅 A3出口より徒歩約6分
・住所
東京都港区西新橋3-8-2 新橋ウエストビル 9F・ 2F
・診療時間
9:30~13:00/14:00~18:00
・オペ時間
2:30 ~ 14:00/18:15 ~
・休診日
日曜日・祝祭日