インプラント治療の痛みについて

 

インプラントは外科的手術をともなう治療のため、多くの方が「インプラントは痛い」「インプラントは怖い」といったイメージを持たれています。
しかし、インプラントでは手術中には麻酔を用いて治療を行うほか、現在では「静脈内鎮静法」などの「意識を半分だけ失わせる麻酔」も選択することが出来、手術で痛みを感じることはありません。
今では多くの患者様が痛みのないインプラント治療をお受けになり、安定性の高いインプラントで毎日の食事を美味しく楽しめるご生活を送られています。
今回は、「インプラント治療の痛み」について詳しくお話をさせていただきます。

「麻酔注射を打つ時」に感じる痛み

前述したように、インプラントでは手術前に必ず患者様に麻酔注射を行いますので、手術中に患者様が痛みを感じることはありません。
しいて言うならば、手術前の麻酔注射を行う際に注射針が歯ぐきに刺さる時の痛みが唯一、患者様が感じる痛みとなりますが、今ではその麻酔注射を打つ際に感じる痛み」も、注射をする前に患者様の歯ぐきの表面に塗る「表面麻酔」によって痛みを減らすことが出来るほか、注射を打つ時には一定の圧力で麻酔液を注入する「電動注射器」を使用することにより、麻酔注射の際に感じる「鈍い痛み」を軽減することが出来ます。

麻酔注射の痛みを軽減する各種の方法

  • 「表面麻酔」麻酔注射を打つ前に患者様の歯ぐきに塗り、注射時の「チクリ」とした痛みを減らします。
    表面麻酔を歯ぐきに塗る時に痛みを感じることはありません。
  • 「電動注射器」

    麻酔注射を打つ際に麻酔液を注入する圧力をコンピューターが一定に制御しながら注射を行います。
    一定の圧力で麻酔液を注入することによって、通常の麻酔注射で感じる「薬液が入ってくる時の鈍い痛み」を感じにくくなります。
    また、電動注射器はゆっくり静かに注射針を挿入するため、従来の麻酔注射で感じやすい「針が刺さった時の痛み」をほとんど感じなくなります。電動注射器による麻酔注射は、患者様によっては「いつ注射をしたのか分からない」という方もいらっしゃるほどです。さらに、電動注射器は機種によっては麻酔時に電子音楽が流れ、患者様の不安を軽減させるタイプの注射器もあります。
  • 「細い麻酔針」を使用

    注射前に患者様の歯ぐきに塗る表面麻酔と、一定の圧力で静かに麻酔を行う電動注射器だけでも注射時の痛みはほとんど無くすことが出来ますが、麻酔時にはさらに33ゲージなどの極細の注射針を使うことにより、麻酔注射を打つ際に感じる「針が刺さる時の痛み」が軽減されます。
    極細の針である33ゲージの注射針は、1インチ(25.4mm)の33分の1、つまり「直径0.77mmの太さ」となり、麻酔注射を打つ際の「針を刺した時のチクリとする感覚」が小さくなります。
    一般的な採血用の注射針として使われているのが21ゲージ(直径1.27mm)の針ですので、インプラント手術時の麻酔で使用する33ゲージの注射針がいかに細いかがお分かりいただけるかと思います。
  • 「麻酔液」の温度を温める

    麻酔注射を行う際には、麻酔液の温度と患者様の歯ぐきの内部の温度に差があると、痛みを感じやすくなります。このため、インプラント手術前の麻酔ではあらかじめ麻酔液を適度な温度に温めておき、麻酔液の注入時に感じる「温度差による痛み」を緩和します。

「手術時」に感じる痛み

インプラント治療ではフィクスチャーと呼ばれるネジのような形をしたインプラント体を、手術を受ける患者様の歯ぐきを切開してあごの骨に直接埋め込んでゆきます。
こう聞くと、なんだか「とっても痛そう」ですよね。
しかし、インプラントは麻酔注射を行うため、手術時は基本的に「無痛治療」となります。
外科的処置を行うインプラントが痛みのない無痛治療となる理由を以下にご説明します。

  1. インプラント手術は「麻酔がよく効く状態」で行います皆様の中には、一般歯科で行う虫歯治療の際に「麻酔注射がぜんぜん効かず痛い思いをした」、という方もいらっしゃるのではないでしょうか。
    これは、虫歯によって歯ぐきや歯の神経が炎症を起こしている時に麻酔を行っても効きにくいことが理由です。インプラントでは、フィクスチャーを埋め入れる際には必ず「歯ぐきの炎症などの異常が起きていないか」「歯ぐきに痛みがあるか」等を確認した上で手術を行いますので、麻酔注射が炎症によって効かなくなる、ということはほとんどなく、むしろ「とても麻酔が効きやすい」安定した状態で手術を行いますので、安心して治療を受けることが出来ます。
  2. インプラント手術は「麻酔を狭い範囲で効かせて」行いますインプラント手術で麻酔を行うのは歯ぐきを切開する際の痛みを無くすためであり、手術前には患者様の歯ぐきの狭い範囲に集中して麻酔を行うことにより、無痛で治療が受けられるようになります。
    また、インプラント手術では治療を受ける患者様のあごの骨に人工歯根のフィクスチャーを埋め入れますが、フィクスチャーを挿入するあごの骨の部分には神経がなく、痛みを感じることはありません。

「手術をした後」に感じる痛み

手術中には痛みを感じず無痛で治療を受けることが出来るインプラントですが、手術を行った後には麻酔が徐々に切れてゆくため、多少の痛みを感じます。
これは、インプラント治療に限らずどの手術においても同じことであり、インプラント手術後に感じる痛みは言わば「ケガをした時の痛み」と似ています。
インプラント手術後に感じる痛みは患者様によって差はあるものの、痛みのレベルは「抜歯をした後に感じる痛み」と同程度になります。
インプラント治療では手術後の痛みを緩和するため、患者様に痛みをやわらげる「鎮痛剤」と化膿を防ぐ「抗生物質」、そして炎症を止める「消炎酵素剤」などを処方しますので、治療後に感じる痛みを最小限におさえることが出来ます。

「静脈内鎮静法」について

「まるで夢の中にいるような気分」で手術を受けることが出来ます

インプラント治療では麻酔注射を手術前に行うため、痛みを感じることはありません。
しかし、患者様によってはインプラント手術を受けることに対して精神的なストレスを強く感じてしまったり、インプラント手術時に聞こえる音などが「いやな記憶」となって残ってしまうケースがあります。
そのような場合には、インプラント手術前に患者様の静脈内に麻酔をほどこして「意識を半喪失させた状態」で治療を行う「静脈内鎮静法」がおすすめです。

 

静脈内鎮静法は通常の医療手術で用いられる全身麻酔とは異なり患者様の意識をすべて失わせることはなく、手術中には意識を残しつつ感覚を鈍くさせる「意識を半喪失した状態」で治療を行いますので、患者様は「フワフワとした心地よい気分」で手術を受けることが出来ます。
静脈内鎮静法でインプラント手術を受けた患者様の中には、「いつ手術を受けたのかを覚えていない」「まるで夢の中にいるような気分で手術を受けることが出来た」というご感想を述べる方もおり、ウトウトとしている間に手術が終わる静脈内鎮静法は、インプラント治療に恐怖感を感じる患者様に特におすすめの麻酔法のひとつです。

インプラントは治療実績が多い歯科医院を選びましょう

手術中は無痛であり、麻酔時の痛みもほとんど感じることはないインプラントですが、安心して治療を受けるためには、治療実績が多く経験豊富な歯科医師が在籍している歯科医院を選ぶことにより、より安全に痛みのない治療を受けることが出来ます。
現在、インプラント治療をご検討されている方でもし、手術中や麻酔時、手術後の痛みにご不安をお持ちの場合は、治療をご希望する歯科医院が痛みに対してどのような配慮を行っているのかをメールやお電話で確認されておくことをおすすめします。

松島歯科は20年以上前からインプラント治療を行っているので、経験豊富であり、質の高い治療を行っています。

インフォームドコンセントを重視し、口腔内の状態をモニターで確認しながら説明を行っているので、納得のうえ治療を受けることができます。
正確で安全なインプラント治療を受けたい方はぜひ松島歯科へ相談してみましょう。

<医院案内>

最寄り駅

JR新橋駅 烏森口より徒歩約10分

都営三田線 御成門駅 A5出口より徒歩約4分
内幸町駅 A3出口より徒歩約6分

・住所

東京都港区西新橋3-8-2 新橋ウエストビル 9F・ 2F

・診療時間

9:30~13:00/14:00~18:00

・オペ時間

2:30 ~ 14:00/18:15 ~

・休診日

日曜日・祝祭日