【インプラント治療を行う前に】知っておきたいメリット・デメリット

インプラント治療は、加齢や不慮の事故、虫歯や歯周病などが原因で歯を失ってしまった場合に、失われた「歯の機能」と「歯の見た目」を取り戻してくれる優れた義歯治療の一つです。

 

インプラント体と呼ばれるフィクスチャーを、治療を受ける患者様のあごの骨に直接埋め入れるインプラント治療においては、フィクスチャーが人工の歯根となる為、従来の部分入れ歯やブリッジなどの義歯治療よりも安定性が高いのが特徴です。

 

しかし、優れた義歯治療であるインプラント治療も必ずしも万能という訳ではなく、治療にはメリットとデメリットが存在しています。

 

今回は、「インプラント治療を行う前に知っておきたいメリットとデメリット」について詳しくご説明いたします。

 

インプラント治療のメリット

 

人工歯根を埋め入れる為、義歯の安定性が非常に高い

 

インプラント治療では手術を行い、金属製のインプラント体であるフィクスチャーを患者様のあごの骨に直接埋め入れて骨と結合させる為、埋め入れたインプラント体が人工歯根となり非常に高い安定性を保持する事が出来ます。

 

健康な歯を傷つける事なく治療が可能

 

従来の義歯治療である部分入れ歯やブリッジなどの治療においては、入れ歯やブリッジを固定させる為に健康な天然の歯を少しだけ削る必要があり、その事が原因で削った箇所の歯が虫歯になりやすくなるなどのデメリットがあります。

 

その点、人工歯根であるインプラント体を患者様のあごの骨に直接埋め入れるインプラント治療であれば、部分入れ歯やブリッジ治療のように健康な両隣の歯を削る必要がなく、残っているほかの天然の歯を傷つける事なく治療が出来ます。

 

ズレたり外れたりする事がほとんどない

 

インプラント治療では、外から見た時に歯にあたる部分の「上部構造」という部品を、アバットメントという装置を使ってあごの骨に埋め入れたインプラント体と強固に連結させます。

 

この為、従来の部分入れ歯やブリッジで発生しやすい「食べ物を食べた時に入れ歯がズレる」「食べ物を噛んだ時や口を開けた時に入れ歯が外れてしまう」といった不具合が起きる事はほとんどありません。

 

噛む力を天然の歯のレベルにまで近づける事が出来る

 

従来の部分入れ歯やブリッジなどの義歯は、硬い物を噛むと痛みを感じてしまったり、入れ歯がズレてしまうなどの不具合が多く、食事の際にストレスを感じるケースが少なくありません。

 

インプラント治療では患者様のあごの骨にインプラント体を直接埋め入れて人工歯根を作る為安定性が高く、「硬い食べ物を噛む事が出来る」「食べ物を強い力で噛める」のが大きなメリットの一つです。

 

食べ物を良く噛めるようになり、歯や全身の健康につながる

 

従来の義歯治療である部分入れ歯やブリッジは入れ歯がズレる、外れるといった不具合が起こりやすい上に、食べ物をしっかりと噛めなくなるケースが多いです。

 

インプラント治療では人工歯根を埋め入れる事で食べ物をしっかりと噛めるようになり、唾液の分泌がうながされて虫歯や歯周病にかかりにくくなるほか、噛む事であごの筋肉が鍛えられ、その結果全身の健康につながるなど、治療を受けた患者様の健康にも良い影響を与えてくれます。

 

違和感や異物感を感じる事がほとんどない

 

部分入れ歯やブリッジは入れ歯を装着している時にどうしても違和感や異物感を感じやすく落ち着かない、というデメリットがあります。

 

インプラント治療では埋め入れた人工歯根にアバットメントを介して歯の部分である上部構造を取り付ける仕組みとなっていますので、部分入れ歯やブリッジで感じるような違和感や異物感はほとんどなく、自然の歯と同じように食べ物を噛めるようになります。

 

歯の見た目を天然の健康な歯に近づける事が出来る

 

インプラント治療では、部分入れ歯やブリッジ治療のように金具を健康な歯に装着する、といった事が一切ありません。

 

この為、外からお口の中を見た時により自然な健康な歯の見た目に近づける事が出来ます。

 

インプラント治療のデメリット

 

外科的な手術を行う必要がある

 

インプラント治療では人工歯根を埋め入れる為、治療を受ける患者様に対して外科的な手術を行う必要があります。

(手術時には麻酔を行う為、痛みを感じる事はありません。)

 

喫煙習慣や糖尿病、歯周病などがある場合には治療が出来ないケースも

 

インプラント治療では歯ぐきの切開をしたりあごの骨に人工歯根を埋め入れる必要がある為、喫煙習慣や糖尿病、歯周病などの持病がある方はインプラント治療を行っても失敗する可能性が高い事から治療が不可能になるケースがあります。

 

他にも治療が適応できないケースとして、あごの骨がインプラント体を埋め入れるのに必要な厚みや高さがない場合などが挙げられます。

 

定期的なメンテナンスを行う必要がある

 

人工の義歯であるインプラントは治療後に虫歯になる事はありませんが、歯磨きを怠ってしまったり掃除をきちんと行わずにいると「インプラント周囲炎」などの病気を引き起こすおそれがあります。

 

この為、インプラント治療後には歯科医院で定期的にメンテナンスを受け、埋め入れたインプラントの状態を確認してケアをする必要があります。

 

治療費用が比較的高額

 

保険が適用されず、すべて自費での自由診療となるインプラント治療においては、保険適用可能な従来の義歯治療である部分入れ歯やブリッジと比べると、治療時の費用が比較的高額になります。

 

自分自身にどんな治療が合っているのかを見極める事が大切です

 

歯を失ってしまった場合の治療法としてポピュラーなインプラント治療ですが、治療を受ける前には「自分自身にどんな治療方法が合っているのか」を見極める事が大切です。

 

見極めを行った上でインプラント治療を選択した場合には、今回ご紹介した「インプラント治療のメリットとデメリット」についてしっかりと理解し、治療実績が豊富で信頼出来る歯科医院を選ぶ事をおすすめします。

 

松島歯科では、治療前のカウンセリングから術後のメンテナンスまでしっかりと行ってくれます。

 

また、歯科衛生士も日本口腔インプラント学会からの認定証を交付された方なので、何か疑問がある場合などは松島歯科に相談しましょう。