失った歯を取り戻す!インプラント治療で食べる喜びを取り戻しましょう!

みなさんはご自分の歯でしっかりとものが噛めたり、違和感なくお喋りができていますか?

インプラント治療を受けたいけれど、踏み切れない・・なんて方は多いのではないでしょうか?
インプラントとはなくなってしまった歯の部分に人工歯根を入れることですが、インプラント治療はすべての人に行えるものではありません。
健康問題でできない人や、インプラントをやり直す必要がある場合もあります。
ここでは、インプラント治療について歴史やメリット、デメリットなどをお教えしますので、ぜひご参考になさってみてくださいね!

 

インプラントとは

そもそもインプラントとはどういったものなのでしょう。
辞書でインプラントという言葉を調べると次のように書かれています。
Implant 

欠損あるいは外傷などを受けたところに埋め込む人工的に作られた組織や器官の代用物のこと、またはそれを埋め込むことを言う。

たとえば、義歯や腱、血管、人工関節など。
ここでは、歯科で使われているデンタルインプラントについてご説明しましょう。
歯科で使われているインプラントとは歯周病や虫歯、外傷などでなくなってしまった場合、義歯では簡単に外れてくるため骨に直接人工歯根をつけるものを言います。
従来であれば、歯をなくした時にはブリッジというなくなってしまった歯の両隣の歯を削り歯を作ったり、取り外せる入れ歯などを作っていました。
ですが、ブリッジだとなくした歯を作るため、両隣の歯を削るので削られた歯の寿命が短くなることもあります。
さらに、取り外し可能な入れ歯は硬いものを噛むと痛かったり、噛むたびに入れ歯が動くなど、快適な使用感が得られないというデメリットがありました。

インプラント治療の安全性は大丈夫?

近年のインプラントの主流

最近多く使われているインプラントは純チタン製かチタン合金でできており、形状はねじのようなものやシリンダー状のもの、先にいくと細くなるもの・・などがあります。
また、インプラントの表面は以前は機械研磨だったのですが、最近では粗い表面構造のため骨と結合しやすいタイプに改善されてきました。
さらに、インプラントの表面にハイドロキシアパタイトがコーティングされたものまで登場しています。
なお、主流となっているのはチタンかチタン合金のもののようですね。

インプラントの歴史とは

ヨーロッパでは、上あごに鉄製のインプラントが埋められているのが紀元3世紀のローマ時代の人の骨から見つかっているそう。
また、中南米では紀元7世紀頃下あごに貝製のインプラントが埋められているの人の骨が見つかっています。
このように、インプラントの歴史は大変古いのですが、治療法として確立されたのは最近のことです。
1952年に金属製のチタンを骨に埋め込むと骨と結合するということが分かり、1965年にはスクリュー形状のチタン製インプラントが登場したことでインプラントの臨床成績はかなり向上したと言われています。
世界的に骨と結合するインプラントの臨床結果が優秀なことが知られてきたのは1980年に入ってからのことで、インプラントは日々さまざまな改良が加えられることにより、臨床成績は向上し続けているのです。

インプラントのメリットとは

  1. 自然な噛み心地

    インプラントは人工歯根をあごの骨に埋め込んで完全に固定しているので、噛む力が天然の歯とほとんど変わりません。
    硬いものでも天然の歯と同様噛むことができるのです。

  2. 見た目が美しく自然

    人工歯根の上のアバットメントをさまざまな種類から選べ、これを歯茎の下に隠れるようにすることができます。
    また、自分の好みの人工歯根を取り付けられるメリットがあります。

  3. 外れる心配がない

    インプラントは、歯槽骨にしっかりと結合された人工歯根の上に支台部と人工歯根が固定されているので外れる心配がありません。
    もしかして外れてしまうかも・・と心配しながら生活する必要もなく、楽しくおしゃべりしたり食事をしたりできます。

  4. 歯槽骨の吸収を防止する

    インプラントは天然の歯と同じく歯槽骨の中にしっかり埋められているので、噛むたびに咬合力が骨から直接脳に伝わり、歯槽骨が吸収される心配がありません。
    もし、あごの骨が減っていきますと最終的にはなくなってしまい、顔がくぼみ老けた顔になってしまうと言われています。

以上がインプラントのメリットでした。
ただ、インプラント治療は完全な治療法かと言うと残念なことに、インプラントとは言ってもデメリットはいくつかあります。
次にインプラントのデメリットについてご紹介してみます。

インプラントのデメリットとは

  1. 費用が高額

    インプラント治療の費用は保険適用外となるため医療機関によって料金にばらつきがあるようです。
    上部構造の素材や検査方法、オプションの手術があるかどうかによっても費用が変わってきます。
    ただ、インプラント治療は高額治療費のため医療費控除を受けることができるそうです。
    合わない入れ歯に不満を持ちながらずっと修理をしながら入れ続けることと、1回あたりの費用はたとえ高くてもその後ずっと快適に過ごせることを比べてみてください。
    インプラント治療にかかる費用を高いとは言い切れないはずですよ。

  2. 治療期間が長い

    一般的なインプラントの治療例だと、チタン製の人工歯根が歯槽骨と結合する期間だけでも上あごで6か月程度、下あごで3か月程度は必要だとされています。チタンは生体になじみやすい性質のため心配する必要はありませんが、個人差があります。
    平均すると4~8か月程度の治療期間が必要でしょう。
    ただ、現在では即時インプラント治療といった骨がしっかりしたものであれば、1日のうちに仮歯まで装着できる治療法も出てきているようです。

インプラントの費用はどのくらい?医療費控除の対象に入るの?

まとめ

いかがだったでしょうか?
インプラント治療の歴史やメリット、デメリットについてご紹介してみました。
インプラント治療を行いたいのであれば、いくつかのクリニックでカウンセリングを行った方が複数の歯科医師の意見が聞けるためよさそうですね。
きちんとインプラントのメリットやデメリットを知った上でトラブルなくインプラント治療を受けていただきたいです。
みなさんが快適に食事をしたり、おしゃべりしたりできることを心から願ってやみません!

インプラントについてご相談がありましたら松島歯科までご連絡ください!