インプラントの相場はいくらぐらい?

 

保険外の治療をしている医院は年々増加し、患者様の選択肢も増えてきました。

歯が無くなってしまった際の選択肢としては、1本の歯を失った場合ではブリッチ、複数本の歯を失った場合には部分入れ歯という選択肢でしたが、最近だと歯が無くなってしまった所に人工歯根を埋め込むインプラント治療も多く普及してきました。

インプラントは保険外の治療なので、歯科医院によって価格が異なってきます。

インプラントの相場はいくらくらいなのでしょうか?

インプラントの価格

インプラントは地域によっても価格が異なってきますが、2011年度の平均価格は32万5千円と全国のインプラントセンターが発表しているので、一つの目安になってきます。

インプラントの価格は自由診療なので歯科医院ごとに自由に決める事が出来ます。

歯科医院の設備の投資だったり、使用しているシステムやインプラントのメーカーによっても価格に反映されてきます。

インターネットなどで検索すると平均の価格よりかなり安い金額でインプラント治療を行っている所もあります。

治療金額ももちろん歯科医院を選ぶ際には決めテになって来ると思いますが、インプラントは外科手術なので、技術がしっかりしている事も大切です。

自由診療で治療するならよく選んでいきましょう

インプラントは骨に人工歯根を埋め込む手術なので、経験を多く積んでいたり、しっかりと勉強をしている歯科医院の先生にお願いすると安心です。

お口の状態は一人一人違ってきますし、骨の状態によってはインプラント治療自体する事が難しい場合もあります。

そんな判断をする場合には経験が多い先生が安心です。

メーカーにもこだわりのある歯医者へ

どの様なシステムを使っていてどのインプラントメーカーを使用しているかも重要です。日本だけでも数多くのインプラントのメーカーがあります。

手術した歯科医院にずっと通い続ける事が出来ると良いのですが、転居や歯科医院が閉院してしまった際などには他の歯科医院でメインテナンスを受ける事になります。

メーカーによって部品やねじなどの構造も細かく変わってくるので、中の状態を確認する際にもあまり普及していないメーカーの物を使用していると苦労する事があります。

インプラント治療をする前に治療計画を立てるので、その際に価格面だけでは無く自分がどの様なインプラントを使用するのか、どのくらい普及しているのかを確認しておくと将来的に安心という事があります。

 

インプラントをする際には色々な側面から歯科医院を選ぶ事によって満足度の高い治療を受ける事が出来ます。

 

インプラントの医療費控除

インプラントの価格は保険外なので高額になる事が多いですが、意外と知られていないのが高額医療費控除の対象になる事です。

1年間で1世帯の医療費の合計が10万円以上かかった場合には医療費控除で年収にもよっても比率は変わってきますが、還付金を受け取る事が出来たり、翌年度の税金が控除されたりするので、確定申告の際に申告するとお得です。

医療用のローンでも対象になるので、領収書が発行されていなくても、医療用ローンの契約書の写しなどで申告出来ます。

また申告をする事が出来なかった場合にもさかのぼって5年まで申告をする事ができるのでしっかりと申告した方が良いです。

確定申告の時期の1か月のみと申告時期が決まっているので、世帯の医療費が高額になりそうな場合には準備しておくとスムーズに申告をする事が出来ます。

歯科医院に通った公共交通機関の分も対象になるので、乗車した区間と金額をメモしておくと忘れずに申告する事が出来ます。

医療費控除は保険の治療のみと思われがちですが、セラミックの歯や歯科医師が必要と認めた矯正なども対象になってきます。

 

インプラントを選ぶ際には

どの治療にもメリットとデメリットという側面があります。

ブリッチでは両隣の歯を削って橋渡しするので、2本の歯で3本を支える事になるので、両方の歯に負担がかかってきます。

入れ歯にする際にはばねが見えてしまったり、取り外し式なので、安定感にやや欠けるという点があります。

ブリッチと入れ歯は保険の中で治療をする事が出来るので、比較的価格を抑える事が出来ますし、骨の量なども考慮する必要が無いので、ほとんどの患者様が選ぶ事が出来ます。

インプラントは固定式ですし、見た目もほとんど差し歯と変わらないので満足度が高いです。

インプラントは外科手術なので、骨の量が一定量必要だったり、治療期間がかかってしまうなどの面がありますが、患者様の希望によって治療の選択肢が変わってきます。

また口腔内の状況によってお薦めの治療が変わってくる事もあります。

歯が無くなってしまって長い期間放置してしまうと、隣の歯が倒れて来てしまったり、骨が痩せてしまう原因になってしまったりするので、1本の歯が無くなって食事に支障が無い場合でも将来治療の選択肢を狭めてしまう可能性があるので、早めの治療が大切です。

歯科医院でも治療に対しての相談や治療計画をしっかりと立てて、満足度の高い治療を目指しています。

 

 

松島歯科では、治療前のカウンセリングから術後のメンテナンスまでしっかりと行ってくれます。

また、歯科衛生士も日本口腔インプラント学会からの認定証を交付された方なので、何か疑問がある場合などは早めに相談しましょう。