銀歯のリスクと銀歯をセラミックにすることのメリット

はじめに

虫歯治療で一般的に行われているのが銀歯です。

銀歯は加工しやすく安価なため保険適用の虫歯治療で広く行われています。
最近ではその銀歯が体に悪い影響を与える可能性があることが分かってきています。

また、銀歯に代わる素材としてセラミックと言うものがあります。
このセラミックで治療することで得られるメリットにはどういったものがあるのかもご紹介してみましょう。

銀歯のデメリット

日本ではこれまで歯を削り銀歯を詰めるという治療法が一般的でしたが、この銀歯にはデメリットが多いことが指摘されてきています。
たとえば、負の連鎖と言われるもので、銀歯を詰めると健康な歯まで削り、歯の体積が減り、虫歯が根っこまで届いてしまい、神経を抜き、歯の寿命が短くなり、最終的に抜歯する・・という具合です。
他にも銀歯にはさまざまなリスクがあるため、ここでご紹介してみましょう。

審美性が低い

銀歯はその名前の通り色が銀色ですので、白い歯の中で目立ってしまい口を大きく開けるのが恥ずかしいという方は多いです。
さらに、金属成分が溶け出してしまうと歯ぐきや歯が黒ずんでしまったり、歯ぐきとの境目に黒いラインが出来てしまうこともあるため余計に目立ちます。

金属アレルギーの不安がある

お口の中に金属を入れるので金属アレルギーになるリスクがあります。
長年銀歯を使用していると、銀歯から金属イオンが溶け出しそれが唾液と共に体内に入り、免疫の働きで金属を異物と認識してしまい、アレルギーを起こすことがあります。
それまでなんともなかった方でも突然なってしまうこともあります。
症状としては口の中が赤くなる、手や足などに水ぶくれが起きることもあり、程度も軽いものから重いものまであります。
何か少しでも不安なことがあれば、すぐに医師に相談しましょう。

被せたところが虫歯になる

最初にご紹介したリスクと重複するかもしれませんが、被せたところがまた虫歯になるリスクが高いです。
銀歯は歯とセメントによって接着されていますが、これはぴったり隙間なく付いているわけでなく、銀歯と歯をセメントで埋めその摩擦力で付いているだけだと言われています。
ですので、虫歯菌が入り込むとそこから虫歯が進行してしまうこともありますし、セメントも経年劣化してくるため銀歯の下は重度の虫歯になっていた・・ということも多いです。
銀歯がかぶさっているためその下の虫歯は気づきにくく、レントゲンも撮りづらいので見つかるのに時間がかかります。
神経がない場合には症状が起きることがほとんどないため、久しぶりにクリニックに行ったらすでに歯がぼろぼろだった・・ということもよくあるようですね。
このような事態を防ぐためにも定期的に検診を受けることが大切です。

歯周病が進行しやすい

銀歯は傷付きやすい素材でその傷に菌が溜まっていきます。
銀歯と歯ぐきとの境目部分に歯周病菌がたまってしまうため、銀歯を詰めると歯周病が進みやすいです。
奥歯が虫歯で銀歯にしてしばらくしたら歯ぐきが腫れだしたり、歯周病によって歯がぐらつきだしてきた・・ということがあります。
銀歯の周囲には菌や汚れが溜まりやすいため、歯ブラシ以外にデンタルフロスや歯間ブラシなどを併用して綺麗に磨いていただき、定期的にクリニックで検診を受けて頂くことをおススメします。
また、銀歯と歯ぐきのさかい目に菌が溜まっていくと口臭がおきることもあるそうです。

セラミックとは

セラミックとは陶器などに使われる素材で、最近歯科医療で使われるようになってきつつあります。
これまで歯に被せものをすると言うと銀歯が主流でした。
セラミックはそれに代わり天然の歯に近い素材として重宝されています。

セラミックの種類

セラミックには大きく分類して2つあり、オールセラミックとメタルボンドというものがあります。
オールセラミックは全てセラミックでできているので金属を全く使っていません。
いっぽうで、メタルボンドは内側が金属となっています。
金属アレルギーの方や治療に金属を使ってほしくない場合にはちゃんと説明を受けてから治療に臨みましょう。

セラミックのメリット

虫歯のリスクが少ない

セラミックの詰めものや被せものはセメントや歯との相性がいいためぴったりとつくので虫歯になるリスクが低いです。

黄ばむ心配がない

保険を使った前歯の被せものだと経年劣化によって黄ばんでくることがあります。
ですが、セラミックだと変色しないので時間が経っても黄ばんでくる心配がないですし、表面が滑らかなのでプラークや歯石などが付着しづらいのも特徴です。

審美性が高い

セラミックの最大のメリットは審美性の高さでしょう。
まるで天然の歯のように歯の先の部分の透明感やグラデーションなどが再現できると言われています。
ご自分の歯の状態にもよりますが、腕のいい歯科技工士が作成するセラミッククラウンだと、天然の歯と違いがほとんど分からないほど美しく仕上げることが可能です。

金属アレルギーの心配がない

オールセラミックで治療をした場合、全く金属を使っていないため安心です。
金属製の被せものを使用したことによる歯ぐきの黒ずみは金属成分が流れ出たことが原因です。
その原因となる金属を一切使っていないため歯ぐきが黒ずむことがほとんどありません。
また、金属を一切使っていないので金属アレルギーの方でも安心して治療が受けられます。

噛み心地が自然

セラミックは金属より軽いので噛み心地が自然なのがメリットです。

丈夫で長持ちする

セラミックは強度に優れており、耐久性も素晴らしいです。
ですので、すり減る心配もなく丈夫で長期間の使用に耐えられます。
メタルボンドという素材は金属を使うためしなやかさと強度の両方を持ち合わせていますが、ジルコニアという新素材が登場し強度が必要となる奥歯の治療にも使えるようになったのは画期的です。

まとめ

銀歯のリスクや、セラミックで治療を行うことで得られるメリットについてご紹介しました。
銀歯は保険が使えるため費用が安く済み、誰でも治療が気軽にできるのがメリットですが、リスクが多い素材です。
いっぽうで、保険は効かないもののセラミックはメリットが多いのでコストパフォーマンスを考えるとセラミックの方がおススメできます。
ぜひ、今後の虫歯治療の際の選択肢の一つとしてセラミックを考えてみてはいかがでしょうか?

銀歯についてのご相談や、セラミックについてもっと詳しく知りたい方は
是非、松島歯科へご連絡下さい!

TEL:03-3434-2641
9:30-13:00
14:00-18:00
休診:日曜・祝日