自宅で出来る歯周病セルフチェック

歯周病はとても恐ろしい病気です。

初期段階では自覚症状がほとんどないので自覚症状が出たときにはすでに重症化していることが多く、治療期間が長引いてしまい最悪歯を抜く必要があることもあります。
また、歯周病だと気づいてクリニックに行く方は実際にはとても少ないと言われており、お口の中の異常を感じてクリニックに行ったら歯周病だった・・という方がほとんどです。
次にうち1つでも思い当たることがあったら、ぜひクリニックへ早めに行くようにしましょう。

気付いてからじゃ手遅れ!?知っておきたい歯周病治療について

歯周病セルフチェック

・歯磨きの時に歯ぐきから血が出る

歯周病の主な症状は歯ぐきから血が出ることです。
ブラッシングした時歯ブラシに血が付いたり、硬いものを食べた時に食べ物に血が付いた、歯ぐきから血が出た・・という場合は注意が必要です。
歯ぐきには毛細血管がたくさんあり、歯周病菌に侵されてしまうと歯ぐきが炎症を起こし、そこに歯ブラシや硬いものを噛むことで血が出るのです。
ですが、健康な歯であれば歯磨きしただけで血が出ることはなく、歯ぐきから血が出るということは炎症が起きている・・ということになりますので、歯周病の可能性が高いでしょう。
つまり、歯ぐきからの出血は歯周病のサインだと言ってもいいので、血が出たらすぐにクリニックで診てもらうようにしましょう。

・口の中がねばつく

歯周病菌が唾液の中に多くあるとねばねばするので、朝起きた時に口の中がねばついたり、気持ち悪い感じがした時は歯周病の可能性が高いです。
クリニックで診てもらうようにしましょう。

・口臭がきつくなる

口臭があるからと言って歯周病と決まったわけではないですが、突然口臭がきつくなったような場合には歯周病や他の病気にかかっていることがあるので注意しましょう。
特に、歯周病だと歯周病菌が繁殖することで起きるので、かなり強い臭いなのが特徴です。
ただ、口臭は自分では気づきにくく他人にも言いにくいので、きつくなっても気づかないことが多いです。
歯周病菌が原因の口臭でも気づかないままどんどん症状が進んでしまうことも多いです。
なので、口臭がするようになったり、口臭以外の症状が起きた場合にはすぐにクリニックで診てもらいましょう。
当然ですが、歯周病が原因の口臭の場合は歯磨きやガム、マウスウォッシュなどで一時しのぎできたとしても歯周病を治療しない限りは解決にならないので、クリニックに行くしかありません。

・歯ぐきが赤、紫色になる

健康な方の歯ぐきの色はピンク色ですが、歯周病になると歯ぐきの色が赤くなっていき、さらに症状が進むと赤紫色になってくるのが歯周病の特徴です。

・歯ぐきが腫れる

歯ぐきがぶよぶよしたり、腫れたりするのも歯周病の主症状です。
歯周病が進行すると、歯周ポケットがどんどん深くなり、そこに細菌や歯石が溜まってしまうために歯茎が腫れてしまうのです。

・歯ぐきから膿が出る

歯ぐきから血が出るのは歯周病の最大のサインと言えますが、さらに症状が進むと膿が溜まりだし痛みが起きます。
もちろん、クリニックで膿を出してもらうことで痛みが一時的に収まるものの、歯周病を治療しない限りまた溜まるので完治させることが必要です。

・歯がグラグラする

歯自体は歯周病になっていなくても少しは動くものですので気づかないことが多いですが、歯周病になると歯周組織が侵されるので歯根膜や骨などがどんどん溶かされてしまい、歯がグラつき出します。
歯を親指と人差し指で軽くつまみ上下左右に軽くゆすってみてグラグラしていたり、舌だけで動かせるようであれば、明らかに歯周病だと言えるでしょう。
歯周病は初期の段階では歯根膜や骨などがさほど溶けていないので、歯はほとんどぐらつきません。
でも、指で触った時にグラつくようなら歯周病がかなり進行していると言ってもいいでしょう
すぐにクリニックで治療を受ける必要があります。

・歯ぐきがムズムズする

歯周病になると歯ぐきがムズムズしてかゆい感じがしたり、痛みが起きることがあります。
ただ、ここでかゆいからといって絶対に無理に歯ブラシで歯茎を刺激ししまうと痛めてしまうので注意が必要です。

・歯が伸びたような気がする

歯周病になると歯周組織が侵されるため歯ぐきが後退します。
歯が伸びたような感じがしたり、出っ歯になったような気がすることあるようです。
自分の顔は毎日鏡で見るでしょうが、歯や歯ぐきは毎日見ることはないでしょう。
歯周病かな?と思ったら、自分の歯ぐきを一度鏡で見てみるといいでしょう。
以前より歯が伸びたような気がしたり、出っ歯になったような気がしたら歯周病の可能性が高いです。

・硬いものを噛むと痛みがある

歯周病になると歯を支える周辺組織が侵されるので、りんごやせんべいなどの硬い食べ物を噛むとそれを支えられなくなり、痛みが起きることがあります。

・歯と歯ぐきのすき間が広がってものが挟まる

歯周病になると歯と歯ぐきのすき間が広がるため以前より食べものが詰まりやすくなったり、歯が浮いたような感じがしたり、歯並びが悪くなったり、歯が浮いた感じになったり・・などすることがあります。

歯周病にかかりやすい人

  1. 歯並びや噛み合わせが悪い

    噛み合わせが悪いと、歯に余計な力がかかるため歯周病が進行しやすいと言われています。
    また、歯並びが悪いと歯磨きしづらいのでプラークが溜まりやすくなり歯周病になりやすいです。

  2. 歯磨きがいい加減な方

    当然ですが、歯磨きがいい加減だとお口の中が不衛生になるため歯周病になりやすいです。

  3. 喫煙の習慣のある方

    歯周病と喫煙には深い関係があると言われており、喫煙者はそうでない人より歯周病になりやすい
    という調査結果があります。たばこの成分は歯ぐきからの出血を抑えて歯茎を硬くしてしまうので、なかなか気づきません。また、歯周病の治療を行ってもたばこのせいで治癒が遅くなります。つまり、たばこを吸うと歯周病が悪化しやすく治りが悪くなるということですね。

  4. 糖尿病の方

    糖尿病による高血糖状態が長く続くと、人間の体に初めから備わっている防御反応が低下していき、感染症にかかりやすくなってしまいます。歯周病も細菌感染が原因の病気ですので、歯周病にかかるリスクも必然的に高くなります。また、歯周病菌には、インスリンの働きを妨げる性質があるため、併発すると糖尿病を悪化させる可能性があるのです

歯周病の原因は?なにげないその「習慣」が大きく影響しているかも!

まとめ

歯周病にはかかりやすい生活習慣や体質などがあると言われています。
また、初期段階では気づきにくいので、ご自分のお口の状態をしっかりと知ることで予防、早期発見につながります。
ここでご紹介したチェックだけでなく、定期的にクリニックに行っていただき定期検診を受けて下さいね。
そうすればいつまでも歯周病知らずの生活を送れるはずですよ!