気付いてからじゃ手遅れ!?知っておきたい歯周病治療について

あなたは歯周病にかかっているのでは?と思ったら、どうしますか?

歯周病は初期段階なら適切な歯磨きだけでよくなることが多いです。
では、さらに進んでしまい歯周病治療を行う場合、どういった方法があるのでしょう
ここでは歯周病になった時のためのセルフケアを始めとしてクリニックでの治療法なども解説しますので、ぜひ知っておいてくださいね。

歯周病とは

歯周病とは歯周病菌に感染する感染症のことで、最初のうちは痛みがほとんどなく少しずつ進んでしまい、最終的に歯を失ってしまうこともある怖い病気です。
歯周病は細菌感染によって歯の周囲の組織を壊してしまう病気で、歯をなくしてしまう原因のほとんどはこの歯周病によるものです。
進行すると歯ぐきが腫れて出血し、歯がぐらつき出してしまい、歯をなくしてしまいます。

自宅で出来る歯周病セルフチェック

歯周病の原因

さて、歯周病の最大の原因はプラークと言われる細菌で、このプラークは磨き残しが蓄積したものなのですが、これを放っておくと歯石になってしまい歯ブラシでは落としきれなくなります。
プラークの中に歯周病菌があり、そのままにしていると歯ぐきが炎症を起こし出してしまい歯周病が進行していきます。

歯周病を放っておくと

歯周病になると全身に悪影響を及ぼすこともあります。
次のような疾患が歯周病と深い関係があると言われています。

・糖尿病

血糖値をコントロールする成分であるインスリンは歯周病により発生する炎症物質により機能が低下するので、歯周病が悪化すると糖尿病も悪化すると言われています。
さらに、糖尿病の方は免疫機能が低下するため歯周病菌の活性化を抑えられないので症状が悪化するそうです。

・心筋梗塞・狭心症・脳梗塞

歯周病菌によって発生する炎症物質は血液に乗り血管や心臓の弁に悪い影響を与えるため、心疾患や脳疾患の危険性が高くなると言われています。

・低体重児、早産のリスクが高まる

歯周病の妊婦さんはそうでない方と比較すると、低体重出産や早産のリスクが6倍以上にもなると言われているため注意が必要です。

歯周病の原因は?なにげないその「習慣」が大きく影響しているかも!

歯周病の治療法

・プラークコントロール

プラークコントロールという言葉は聞いたことがあっても、実際にどういったものかご存じない方は多いはず。
プラークコントロールとは歯ブラシやデンタルフロスなどを使いプラークが付着しないようにすることで、これを完璧に行えれば治療の9割は終わったも同然です。
その理由は歯周病の最大の原因であるプラークは常にお口の中に発生し、毎日きちんと除去し続けなければ歯周病は改善しないからです。
どんなに痛い治療や高価な治療を行っても、プラークコントロールが行われていないと全て無駄になってしまうと言ってもいいでしょう。
プラークコントロールをきちんと行っていると、まず歯ぐきから血が出なくなってきます。
さらに、歯ぐきの腫れや口臭もなくなりますが、その理由はお口の中の細菌の8割は歯の周囲にあるプラークに存在しているからです。
また、歯ぐきが引き締まってくると歯周ポケットが減るのでプラークのすみかがなくなるため、お口の中の状態はどんどんよくなってきます。

・スケーリングで歯石を除去

次にスケーリングとは歯の周囲に付着した歯石を除去することです。歯石はプラークと唾液によってできたもので、軽石のようにざらざらとしていて小さな穴が開いています。
そこに細菌が繁殖していて歯磨きだけでは取り切れないため、歯石ごと細菌を除去する必要があるのです。
この歯石は超音波の振動で砕いて除去していきます。
スケーリングを行うことで歯石によりざらついていた歯の表面がツルツルするためプラークが付着しづらくなったり、落としやすくなるメリットがあります。

・フラップ手術

フラップ手術は歯がぐらついているような中度、重度の歯周病の場合に行われる外科的手術です。
ここまでくると歯周ポケットが深く広くなっているため、奥深くまで歯石がびっしりとこびりついています。
この歯石は表面からは取り切れないため、フラップ手術で歯ぐきを切開して中に溜まった歯石や膿を取り出します。
フラップ手術のメリットは歯周ポケットの奥の方までキレイにでき、悪化してしまったお口の中の環境をよりよくできることです。
ただ、デメリットは手術後に痛みがあることと、治療する前と比べて歯茎が下がってしまうことです。
これは治療することで歯ぐきの状態がよくなって歯ぐきが引き締まり、手術によって侵襲するため歯ぐきがある程度下がるからです。
ただ、クリニックの方針としてなるべく患者さんに負担をかけないようにこのフラップ手術を行わない・・というところもあるため、よくメリットとデメリットを話し合った上で歯周病治療の方法を選ぶようにしましょう。

歯周病予防にも!毎日の歯磨きを効果的にするポイント

・GTR法

GTR法という方法が行われることもあります。
これは歯周組織再生誘導法というもので、歯周病外科的手術で歯ぐきの中をきれいにし、保護膜で歯周組織を保護して組織を再生させていきます。
歯周組織を再生させるためには1年程度かかりますし、再生後は保護膜を取り除くために再手術する必要があります。

・エムドゲイン法

これは簡単に言いますと赤ちゃんが歯が生える原理を使った歯の再生療法のことで、外科的手術で歯ぐきの中をきれいにして細胞増殖因子であるエムドゲインを塗布し、歯が生えてきたときと同様の状態を再現する治療法です。
手術後1か月程度は歯ぐきに刺激を与えないように注意が必要です。
この方法はGTR法より簡単であると同時に効果的な方法ですが、自費治療となるため費用がかかるのがデメリットです。

まとめ

歯周病の治療法は患者さんそれぞれの歯周病の進行度合いの他に歯並びや噛み合わせ、お口の中のケア状態などによってそれぞれ違ってきます。
さらに、悪化すればするほど治療期間が長くなったり、費用がかかりますし、治療に痛みが起こることがあります。
つまり、負担が大きくなるということですね。
もし、歯周病かも?と思った場合はすぐにでもクリニックで診察してもらうようにしましょう。
早期発見、早期治療ができれば費用も時間もかさみませんし、患者さんの精神的負担も軽くなります。
ぜひ、ご参考になさってみてくださいね!