ホワイトニングを自宅で行おう!ホームホワイトニングの特徴とメリット・デメリット

ホームホワイトニングとはクリニックで自分用に作ったマウスピースに薬剤を入れ自宅である程度の時間装着し、歯を白くしていく方法です。

ホワイトニングが生まれたアメリカではほとんどのクリニックでこのホワイトニングが行われています。
いっぽうで、日本ではまだアメリカほどホームホワイトニングが広がっていないため、オフィスホワイトニングを行っているところが多いです。
ホームホワイトニングはオフィスホワイトニングを受けた後のケアにも適している施術ですので、オフィスホワイトニングと同時に受けるとより効果的です
ここではそんなホームホワイトニングの特徴やメリットやデメリットについてまとめてみました。

ホワイトニングの種類

そもそもホワイトニングにはオフィスホワイトニングとホームホワイトニングの2つがありますが、オフィスホワイトニングはクリニックで行うもので、1回の治療でかなり効果を得られるものです。
いっぽう、ホームホワイトニングは効果が出るまで時間がかかりますが、ご自分の生活スタイルに合わせて治療ができるので気軽に始められます。

オフィスホワイトニングとホームホワイトニングの違い

ホワイトニングの仕組み

ホワイトニング剤には過酸化水素と言われる成分が配合されており、この成分によって歯に付着した色素が分解され白くできます。
オフィスホワイトニングでは過酸化水素の濃度が高く、これにレーザーを照射し活性化させて短時間で歯を白くできます。
いっぽうで、ホームホワイトニングは過酸化尿素を使い、自然分解によって長時間かけて歯を少しずつ白くしていきます。
つまり、オフィスホワイトニングは漂白作用が強いですが効果が持続する時間が短く、ホームホワイトニングは漂白作用が弱いものの効果が長時間続くのが特徴です。

ホームホワイトニングの特徴

ホームホワイトニングとは濃度の低い薬剤を使い、自宅で行うホワイトニング法です。
さまざまな方法がありますが、ほとんどの場合マウスピースに薬剤を入れて装着するものです。
オフィスホワイトニングとは違って濃度の低い薬剤を使うため短期間で歯を白くはできません。
最低でも2週間程度はかかると言われています。
つまり、即効性に欠けるため早く歯を白くしたい人には不向きですが、その分持続期間が2年程度なので効果が長持ちするのが特徴です。
さらに、オフィスホワイトニングと比較すると安く費用が抑えられます。
平均的な費用としてはマウスピースを作成する費用を含めて3万円前後のことが多いです。
ただ、マウスピースは一度作ればずっと使い続けられるため、その後の費用は薬剤代だけで済みます。

ホワイトニングの方法と期間・費用について  

ホームホワイトニングで効果を得られるまでの時間

ホームホワイトニングの効果が得られるまでには最低2週間程度、理想の白さにするまでには2か月程度かかるため時間がかかるホワイトニング法だと言えます。
ですが、オフィスホワイトニングは1回の施術でかなりの効果を得られます。
どうしてホームホワイトニングには時間がかかるのかと言うと、自宅でご自分で施術するため濃度の低い薬剤を使っているからです。
一般的に使われている薬剤の濃度はオフィスホワイトニングのそれに比べて10分の1程度だと言われています。
それに、オフィスホワイトニングだと光を照射し白くさせますが、ホームホワイトニングは少しずつ薬剤を浸透させるので時間がかかるのです。

ホームホワイトニングのメリット

では、ホームホワイトニングのメリットにはどういったものがあるのでしょうか?
ホームホワイトニングの最大のメリットは効果が長時間続くという点です。
オフィスホワイトニングだと効果が6か月程度と短いですが、ホームホワイトニングなら2年程度効果が持続することもあります。
さらに、ご自分のぺースで理想の白さになるまで行えるため、歯を徹底的に白くしたい方におススメです。
また、費用面でも安くできる点があり、最初にご自分専用のマウスピースを作る必要があるものの、それ以降は薬剤や検診代程度で済むため、オフィスホワイトニングと比較してかなり安く抑えられます。

ホームホワイトニングのデメリット

いっぽうで、ホームホワイトニングのデメリットとしては手間がかかることと時間がかかることが挙げられます。
オフィスホワイトニングは施術した日のうちに白くできますが、ホームホワイトニングは施術を始めてから2週間以上は経たないと効果が得られません
さらに、全てクリニック側が行ってくれるオフィスホワイトニングと比べて装着やケアまで全部自分で行う必要があるためめんどうなのがデメリットです。

効果があるのはどちらなのか

ホームホワイトニングは時間がかかるというデメリットはありますが、効果が高いと言えるでしょう。
その理由はホームホワイトニングは毎日続けて施術を行うため日々の着色が起こりにくいからです。
最も効果があるのはホームホワイトニングとオフィスホワイトニングの両方を行うことで、これをデュアルホワイトニングと言います。
オフィスホワイトニングを行って歯を一気に白くした後、ホームホワイトニングで色が後戻りするのを防ぎながら白くしていくと理想の歯の白さを手に入れられるはずですよ。

ホームホワイトニングの効果を持続させる方法

ホームホワイトニングを行った後の歯は着色しやすくなっているため、食事には注意しましょう。
避けた方がいい飲食物にはチョコレート、ぶどうやコーヒー、カレー、ウーロン茶、赤ワインなどの色の濃い食べ物です。
さらに、たばこを吸うとヤニが付きやすいためできれば禁煙するようにしましょう。
また、着色汚れを防止するためのコーティング剤なども売られていますので、利用してみてもいいでしょう。

歯のプロが教えるホワイトニングの効果を最大限引き出すポイント

まとめ

ホームホワイトニングの特徴やメリット、デメリット、オフィスホワイトニングとの比較などをまとめてみました。
ホームホワイトニングは歯を白くするのに効果的な施術です。
また、効果が持続する時間もオフィスホワイトニングより長いことがメリットです。
ただ、即効性に欠けるため毎日一定の手間や時間が必要です。
のんびりじっくり続けることによって理想の白さを手に入れられるホームホワイトニング。
ぜひ、一度試してみてはいかがでしょうか?