ホワイトニングの方法と期間・費用について  

 

審美歯科で行う「ホワイトニング」とは、歯を白くする効果のあるホワイトニング剤を歯の表面に塗り、光をあてる事で歯の表面のエナメル質の中に入り込んでいる着色物質を分解除去して歯を白くする治療法です。

 

歯は普段の生活で飲んでいるお茶やコーヒー、ワイン等の色つきの飲食物が歯のエナメル質に色素が浸透して汚れとなって沈着してしまったり、加齢、薬物、喫煙によって歯の色が変色する場合もあります。

【歯を白く保つために】歯を汚してしまう食べ物はこれ!

これらの歯の汚れは歯ブラシを使った通常の歯磨きでは落としにくく、沈着した歯の汚れをご自分で落とすのは非常に困難な為、審美歯科で行うホワイトニングが歯を白くする為に効率的な方法となります。

 

今回は、汚れてしまった歯を白くする「ホワイトニングの方法」と「治療に必要な回数と期間」、そして「ホワイトニングにかかる費用」と「歯の白さが持続する期間」についてお話をさせていただきます。

歯が白くなることで得られるメリット

ホワイトニングは大きく分けて3種類の方法があります

 

歯を白くするホワイトニングには、審美歯科で行う「オフィスホワイトニング」と、ご自宅で自分自身で行う「ホームホワイトング」、そしてこの2つの両方を並行して行う「デュアルホワイトニング」の3種類の方法があります。

 

これら3つのホワイトニングは治療にかかる期間や費用がそれぞれ異なりますが、ご自身の歯の汚れ具合などの状況に合わせて適切なホワイトニング方式を選択する事で治療にかかる期間が短縮され、効率よく歯を白くする事が出来ます。

 

審美歯科で行う「オフィスホワイトニング」の治療期間と費用について

 

治療に必要な回数と期間

 

平均で5回の通院が必要です。

 

オフィスホワイトニングでは強い成分のホワイトニング剤を使って施術を行います。

 

施術時間は1回あたり30分から1時間程度で、施術の間隔を最低でも1週間は空ける必要がありますので、5回通院する場合には1ヶ月半から2ヶ月程度の治療期間がかかります。

 

治療費用

 

1本の歯につき2,000円~10,000円程度となります。

(歯科医院によって価格が異なります)

 

オフィスホワイトニングの料金に差があるのは、審美歯科によってはホワイトニングの方式が異なる場合があるほか、料金も歯科医院ごとに設定されている為、比較的安価な費用の所もあれば高額な費用がかかる所もあり、はっきりとした価格が定められていないのが現状です。

 

歯の白さが持続する期間

 

1回の施術で3ヶ月~6ヶ月の間、歯の白さが持続します。

 

審美歯科で行うオフィスホワイトニングでは、強い成分のホワイトニング剤を歯の表面に塗り光をあてる事で歯に沈着した汚れを効果的に落とす事が可能です。

 

しかし、実は審美歯科で行うオフィスホワイトニングは3種類あるホワイトニングの中でも歯の白さが持続する期間が一番短くなります。(=歯が色戻りしやすい)

 

その理由は、審美歯科で施術をするオフィスホワイトニングでは強い成分のホワイトニング剤を使えるという利点はあるものの、光を照射出来る時間や薬剤を浸透させる時間が治療時間中に限られている事から充分に歯の奥まで薬剤を浸透させる事が出来ない為です。

 

自宅で出来る「ホームホワイトニング」の治療期間と費用について

 

 治療に必要な回数と期間

 

1日あたり1~2時間程度のホワイトニングを2ヶ月~3ヶ月の間、継続する必要があります。

 

ホームホワイトニングでは1回あたりのホワイトニング時間も1~2時間と長くなりますが、ご自宅で自分自身でホワイトニングを行えるメリットがあります。

 

また、多くの人から「白いですね!」と思われるほどの見た目の白さにする為には、1日あたり1~2時間のホームホワイトニングを2ヶ月~3ヶ月の間は続ける必要があります。

 

治療費用

 

歯科医院で作成するマウスピースと診察料金および自宅で使用するホームホワイトニングキットを合わせて25,000円~35,000円程度となります。

 

ホームホワイトニングではまず最初に歯科医院でホームホワイトニングの際に使用するマウスピースを作成し、専用のホワイトニング成分が配合されたジェルを処方してもらい、ご自宅でマウスピースの中にジェルを充填したマウスピースを装着してホワイトニングを行います。

 

ホームホワイトニングはご自宅で出来るのはもちろん、目立たないマウスピースを使用するので通勤中などにもホワイトニングを行う事が可能です。

 

歯の白さが持続する期間

 

6ヶ月~1年間程度、歯の白さが持続します。(2~3ヶ月間ホームホワイトニングを行った場合)

 

ホームホワイトニングは3種類あるホワイトニング方式のうち、もっとも歯の白さが持続する期間が長いのが特徴です。(1日あたり1~2時間のホワイトニングを2~3ヶ月間継続した場合)

 

ホームホワイトニングで使うホワイトニングジェルはオフィスホワイトニングで使用するホワイトニング剤よりも低濃度で成分としては弱いのですが、ご自宅で毎日1~2時間のホワイトニングを行う事によってゆっくりと時間をかけながら歯の奥まで薬剤が浸透する為、歯の白さが長持ちします。

 

ホームホワイトニングでは一度しっかりと歯を白くしてしまえば、後になって歯の汚れが気になった時でも再度マウスピースを装着してホワイトニングを行い、気軽にメンテナンスをする事が可能です。

 

歯をもっとも早く白くする事が出来る「デュアルホワイトニング」の治療期間と費用について

 

治療に必要な回数と期間

審美歯科で施術するオフィスホワイトニングを2週間で3行った後、ご自宅で行う1回あたり1~2時間のホームホワイトニングを2週間合計で約1ヶ月間行います。

 

デュアルホワイトニングは審美歯科で行うオフィスホワイトニングとご自宅で行うホームホワイトニングの両方のメリットを併せ持ち、もっとも早く歯を白くする事が出来ます。

 

治療費用

 

2つのホワイトニング方式を組み合わせる為、1ヶ月間のホワイトニングでおよそ70,000円~100,000円程度の費用がかかります。

 

25,000円から35,000円程度のホームホワイトニングと比べると費用が高いデュアルホワイトニングですが、デュアルホワイトニングでは色戻りしやすいオフィスホワイトニングと時間がかかるというホームホワイトニングのそれぞれのデメリットを補い、もっとも早く効果的に歯を白く出来るという利点があります。

 

歯の白さが持続する期間:

 

1年程度の間、歯の白さが持続します。

 

デュアルホワイトニングでは強い成分のホワイトニング剤を使うオフィスホワイトニングを行った後に、ご自宅で自分自身で行うホームホワイトニングでさらに時間をかけて歯の奥にまで薬剤を浸透させますので、1ヶ月間という短期間のホワイトニングで約1年間、歯の白さが持続します。

歯のプロが教えるホワイトニングの効果を最大限引き出すポイント

審美歯科を利用して安心・安全なホワイトニングを

ホワイトニングには今回ご紹介したように3種類の方式があり、効果や費用、治療に必要か回数や期間はそれぞれの方式によって異なります。

ホワイトニングで歯を白くする際には、どのホワイトニング方式を選んだ場合でも必ず「審美歯科を利用する事」で、安心・安全なホワイトニングが可能となります。

 

 

審美歯科なら松島歯科へ

 

もし、本当に「歯を白くしたい」「輝く白い歯を手に入れたい」と望まれるのであれば、自分一人で“自己流”でホワイトニングをする事は避け、まずはホワイトニング治療を行っている松島歯科を訪れ、ホワイトニング治療について歯科医師にお尋ねになる事をおすすめします。