白い歯を保つために!ステイン汚れ予防方法

「歯の汚れが気になるから歯を白くしたい」と思っている方は多いでしょう。

できるのなら、今すぐにでも白く美しい歯にしたいものです。

人が会話する際に相手の見ているところで最も多いのが目元で、次に口元だと言われており、男女問わず笑顔の時に見えるきれいで白い歯は清潔感にあふれ、さわやかな印象を与えるものです。

ここでは歯の汚れが目立ってしまう原因となるステインが歯に付く原因やご自分で防止する方法、クリニックで施術する方法などをご紹介しますので、今後のご参考になさってみて下さいね!

ステインとは

そもそもステインとは歯の着色汚れの原因ですが、具体的にはどういったものを言うのでしょうか?

ステインという名前は知っていても、実際にどういったものなのか知らない方がほとんどでしょう。ぜひ、ここでステインについて詳しく知っておいてくださいね。

歯の汚れの原因になるステイン

歯の汚れや黄ばみの最大の原因はステインで、着色汚れのことを言い、さまざまな飲みものや食べものに含まれている成分です。

例えば、コーヒーやお茶、紅茶などに含まれるタンニンや、たばこに含まれているタールニコチンもステインです。

歯磨き粉の中にはステインを除去する成分が配合されているものもたくさんあります。なお、ステインは歯についている時間が長いほど落としにくくなるため、できる限り早く取り除くことが重要です。

歯磨きだけでもステインを予防できるので、毎日の歯磨きを丁寧に行いましょう。

【歯を白く保つために】歯を汚してしまう食べ物はこれ!

ステインが付着する理由とは

それでは一体なぜ歯にステインが付いてしまうのでしょうか?

歯には外からくる成分が付かないようエナメル質というもので覆われています。歯がツルツルしていたり、白いのは表面がエナメル質で覆われているからです。

このエナメル質の上にはペクリルという薄い膜があり、これがステインの原因だと言われています。ペクリルは唾液によって分泌されエナメル質の上をコーティングしています。

ですが、このペクリルはステインの元であるタンニンやニコチンなどの成分を結合させてしまうため、それらがペクリルと結合することでステインができることが分かっています。

ペクリルは虫歯菌から歯を守る役割を果たしてありますが、その一方でステインを生み出す性質も兼ね備えているわけです。

 

ステインを取り除く方法

日頃の丁寧な歯磨き

できればアルコールやたばこを控える、ステインの入った飲食物を食べるなど食生活に気を配ることがステイン予防になりますが、最大の予防方法は歯磨きでしょう。

歯磨きはその日ついてしまったステインを取り除くことができます。特におススメなのがホワイトニング専用歯磨き粉を使うことです。この歯磨き粉にはステインを除去できる研磨剤などが含まれているのでステイン除去に効果的です。

毎日使い続けることによって、少しずつですが歯に付着したステインを落とすことができるはずです。ただ、即効性はないので毎日丁寧に歯磨きを続けるようにしましょう。

しかしセルフケアだけでは頑固についてしまったステインを落とすことはできないため、定期的にクリニックで施術してもらうことも大切です。

また、ホワイトニング専用歯磨き粉の中には研磨剤や刺激が強いものがあるので注意が必要です。強い漂白作用強い研磨剤が配合されているものは表面のエナメル質を溶かしてしまうことがあるので選ぶ際には注意しましょう。

強い力で磨き続けてしまうなど誤った歯磨き方法では、歯の表面がギザギザとしてきます。エナメル質を傷つけずきれいな歯にするには安心して使用できるものを選び、適切な歯磨きを行うことが大切です。

どれを選べばいいのか分からないという方はネットの口コミなどを見てみるといいでしょう。さまざまな種類の歯磨き粉を比べた上で、歯に優しくステインを取り除くことができるのかをチェックしてみましょう。

【歯を健康で綺麗に】おすすめ歯磨き粉一覧

クリニックでのクリーニング

歯のクリーニングという言葉をあまり聞いたことがない方もいらっしゃるでしょう。この歯のクリーニングとはクリニックで行う歯の汚れ取りのことを言います。

クリーニングによって歯磨きだけでは落とせないプラークや歯石、ヤニや着色汚れなどもきれいに落とせます。費用は保険内診療であれば3,000円程度ですが、保険外診療ですと5,000円以上となります。

プロにクリーニングしてもらうことで汚れをしっかりと落としてもらうことができ、痛みなどもなく施術が受けられます。さらに、クリーニングを受けるだけで見た目の印象もよくなるに違いありません。しっかりと歯に付いた汚れを取ることで、黄ばんだ歯も元通りの白さに戻すことができます。

このクリーニングは定期的に行うことが重要で、気を付けてブラッシングしていても日頃のブラッシングだけでは頑固な汚れを取り除くことができないからです。

一般的にバイオフィルムが再生すると言われている3か月に1回程度を目安に受けましょう。

ホワイトニング

ホワイトニングと言うとただ単に歯を白くするものと思われる方が多いでしょうが、実際には着色汚れを落とすためにも効果があると言われています。

ホワイトニングの費用は25,000円程度でさまざまな種類があるため、ご自分に合った方法を選ぶといいでしょう。

着色汚れを落とすのに重要なカギとなるのは、クリニックで行うホワイトニング剤に配合されている過酸化水素という物質で、色素を漂白したり、ペクリルを分解したりする効果があります。

ホワイトニングを行うことでペクリルによる色素沈着をきれいに落とせるだけでなく、汚れのついたペクリルごと分解でき、歯を白くすることが可能です。

つまり、ホワイトニングは歯の汚れを落とすことができる上に歯が白くなるという一石二鳥の方法です。しっかりと汚れを落として歯を白くしたい方にぴったりの方法だと言えます。

自宅でも出来る!お手軽ホワイトニング方法7選

まとめ

いかがでしたか?

歯のステインを落とす方法にはさまざまな方法があり、それぞれにメリットやデメリットがあるため、よく考えた上で自分にぴったりな方法を選ぶことが大切です。

さらに、クリニックで行うクリーニングやホワイトニングの方が自宅で行うものより効果が高いと言われています。歯を白く美しい状態にしたいという方は是非歯科医院に相談してみて下さいね。