歯の定期検診に行った方がいい理由とは?

「歯医者には出来るだけ行きたくない・・・」

大人になっても「虫歯治療は苦手」という人は少なくありません。
日本では、「歯医者に行くのが好き」という方はまれにいらっしゃいますが、ほとんどの方は「歯医者特有のあのキーンという音がイヤ」「歯医者の雰囲気そのものが嫌い」といった理由で、歯が痛くなっても歯科医院に行くのをついつい後回しにしてしまっているのが現状です。

しかし、歯科医院に行くのは出来るだけ早めに、そして、虫歯がなくても日ごろから歯の定期検診を受けることで、歯が虫歯になる前に未然に防ぐことが出来、もし虫歯が見つかった場合でもごく簡単な治療で済むようになります。

今回は、「歯が痛くない場合でも歯の定期検診に行った方がいい理由」についてお話をさせていただきます。

なぜ、定期検診が必要?

ここでは、なぜ定期検診が必要なのかについてご説明します。
歯は痛みや異常がを感じなくても、日ごろから定期的に歯科医院に行くことが重要です。

歯は知らず知らずのうちに傷んでいきます

歯が痛んだり、お口の中に違和感を感じて歯科医院に行く方は多いですが、歯の痛みやお口の中の異常は痛みや違和感を感じなくても発生するのです。

例えば、虫歯は初期の段階であれば痛みを感じません。このため、「痛くないから」と歯科医院に行かずにいると、虫歯がどんどん進行してしまい、ついには我慢出来ないほどの痛みを感じてようやく歯科医院に駆け込むというケースが日本では非常に多いのです。

虫歯は、進行すればするほど治療にかかる時間と治療費用が増えていきます。
また、進行した虫歯は神経が過敏な状態になり麻酔が効かず、治療の際に痛みをともなうこともあります。
このような事態におちいってしまう前に、日ごろから、痛みがなくても歯科医院を訪れて定期検診を受けることにより、虫歯の早期発見・早期治療が可能となるほか、治療にかかる時間と費用を節約出来、痛みの少ない治療で済むようになります。

知っておけば虫歯になりにくくなる!?虫歯になる原因と対策を覚えておきましょう

「サイレントキラー」歯周病の怖さ

「歯を失う病気」と聞くと、多くの方が虫歯を連想されますが、実は、歯を失う原因の第一位は虫歯ではなく、歯周病です。
歯周病は虫歯とは異なり歯そのものに起こる病気ではなく、歯の周辺組織である歯ぐきに炎症が起きたり、歯を支えている歯槽骨というあごの骨が溶けたりする病気のことを指します。
歯周病が怖いのは、症状が進むと痛みを感じるようになる虫歯とは違い、痛みなどの自覚症状がほとんどないという点です。
自覚症状を感じにくい歯周病は、かなり重度の段階にまで病気が進行してからようやく「あれ?なんだか歯がぐらぐらする・・・」と感じるようになることも多く、気がついたらある日突然、自然に歯が抜け落ちてしまった、といったケースも珍しくありません。
このことから、歯周病はサイレントキラーというあだ名がつけられています。
大切な歯を歯周病で失わないようにするためにも、痛みなどの症状が無い場合でも歯科医院で定期的に検診を受けるようにしましょう。

気付いてからじゃ手遅れ!?知っておきたい歯周病治療について

自分では落としきれない汚れや歯石が病気の元

虫歯や歯周病を予防するためには、ご自身で行う毎日の歯磨きがとても重要です。
しかし、自分自身で行う歯磨きはどうしても磨き残しが発生しやすく、また、磨き残した箇所にあるプラーク(歯垢)は時間が経つと歯石となって歯に付着してしまいます。
歯に付着した歯石はそれ自体には毒性はないものの、一度歯についた歯石は自力で落とすことはほぼ不可能となるほか、付着した歯石と歯のあいだには細菌がひそむようになり、歯石が付着した状態を放置すると虫歯や歯周病にかかりやすくなります。
このため、虫歯や歯周病を未然に防ぐには定期的に歯科検診を受けて虫歯や歯周病の有無をチェックするとともに、歯石を取るスケーリングを行うことによって虫歯や歯周病になる確率を下げることが出来ます。

正しい歯磨きの仕方を教えてもらえます

歯科医院で受ける定期検診では、虫歯や歯周病の有無をチェックし、歯のクリーニングや歯石取りを行いますが、それ以外にも歯科医師や歯科衛生士が正しい歯磨きの方法を患者様にお伝えする場合もあります。

特に、お子さまなどの未成年の患者様の場合には歯科医院で積極的に正しいブラッシング方法をお教えすることにより、正しく歯を磨けるようになってプラークの取り残しが減り、虫歯や歯周病になるリスクを下げることが出来ます。

また、正しいブラッシング方法を知ることで、それまで強すぎる力で歯や歯ぐきを磨いていた方が適切な力でブラッシングを行うようになるため、磨き過ぎ、力の入れ過ぎで引き起こされる「歯ぐきの後退」や「知覚過敏」といった症状を緩和させる効果も期待出来ます。

歯科医がオススメ歯周病予防に効果的な歯ブラシ

定期検診の内容や費用について

歯科医院で行う定期検診の内容や費用はそれぞれの医院によって異なります。
検診の内容は、

  • 歯と歯ぐきをチェック(虫歯・歯周病検査)
  • 歯石の除去(スケーリング)
  • P.M.T.C(プロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニング:歯のクリーニング)
  • 歯科医師や歯科衛生士による歯磨きの指導

などを行います。

歯科医院によっては上記に加えて歯ぐきのマッサージや歯のトリートメントなどを行う場合もあります。
費用についてですが、健康保険が適用されるため1回の定期検診でおおよそ「2,000円~3,000円程度」となります。

レントゲン撮影などを虫歯や歯周病検査の際に行ったときには費用は多少アップしますが、1回の定期検診で費用が5000円を超えることはほぼありません。

歯科医院で定期検診を受けて歯の寿命を延ばしましょう

歯の定期検診に行った方がいい理由をお伝え致しました。

歯が丈夫で健康な方は、ご高齢となっても病気にかかりにくく、お元気な身体で生活を送ることが出来ているケースが多いです。

それに対して、虫歯や歯周病などが原因で歯を失ってしまうと食べ物をしっかりと噛めなくなり、かみ合わせが乱れ胃腸にも負担がかかるなど、全身の健康にも悪影響が及んできます。

大切な歯を出来るだけ長く保つためにも、ぜひ、日ごろから歯科医院に通って定期検診を受けることを心がけるようにしましょう。