歯の健康意識をあげる「8020」運動とは?

 

「8020運動」は「ハチマルニイマル運動」と呼ばれ、1989年から当時の厚生省と日本歯科医師会によって推奨運動が始まりました。
8020運動の「8020」とは「80歳になっても自分自身の歯を20本以上保ちましょう」という意味で、「人間は健康な20本以上の歯があれば、食事を美味しく楽しく味わうことが出来る」とされています。

8020運動の推奨活動は1989年の運動開始以来四半世紀を超え、今では子どもからお年寄りまで、多くの人たちに「歯を健康に保つための意識づけ」として浸透しています。
今回は、歯の健康意識を上げる「8020運動」についてお話をさせていただきます。

8020運動は本当に達成出来るの?

大人の歯の本数は「32本」

80歳になっても20本以上の歯を保ちましょう、という8020運動。
「80歳で20本以上の歯を残すなんて大変そう」。
このように考えている方も多いのではないでしょうか。
しかし、人の歯は乳歯が生えている子どもで20本、永久歯の大人の歯の数は親知らずを含めると32本にもなります。
親知らずを4本すべてのぞいたとしても大人の歯の数は28本以上もある訳ですから、仮に80歳までに8本の歯を失ったとしても8020運動は達成出来ます。
そう考えれば、80歳までに20本の歯を保つという8020運動もけっして不可能ではない、ということがご理解いただけるかと思います。

歯の平均寿命はおよそ「48年から64年」

歯の寿命は前歯や犬歯、小臼歯や大臼歯といった歯の位置でも異なりますが、おおよそ「48年~64年」が平均的な寿命となっています。
永久歯はだいたい6歳から12歳前後の時期に生えてきますので、人の年齢で言うと「54歳~76歳」までの間に、多くの歯が失われてしまう計算となります。
日本人の平均寿命が男性は80歳、女性が87歳ですから、歯の寿命は平均寿命よりも「20年以上前に尽きてしまう」のが現状です。

歯に実質的な寿命は存在しません

平均「48年~64年」前後で失われてしまう歯ですが、本来、歯という物には「実質的な寿命」は存在しません。
すなわち、「歯はケアをすればいつまででも保つことが出来る」のです。
しかし、多くの人が毎日の歯磨きを怠ったり、乱れた食生活を続けることでお口の病気にかかり、歯を失ってしまいます。
80歳までに20本以上の歯を残すためには、歯を失う原因であるお口の病気を未然に防ぐことが大切です。

自宅でも出来る!お手軽ホワイトニング方法7選

歯を失う2大原因「歯周病」「虫歯」について

本来は寿命がない人の歯ですが、歯を失わせる代表的な原因としては「歯周病」、そして「虫歯」があります。
歯周病は歯を失う原因の第一位であり、歯周病によって歯を失うケースは全体の「4割」を占めています。
また、虫歯は歯を失う原因の第二位で割合としては歯周病より低いものの、虫歯による抜歯で歯を失うケースは全体の「3割」に達しています。

歯ぎしりや食いしばりも歯を失う原因のひとつです

歯周病や虫歯以外にも、歯は「歯ぎしり」や「食いしばり」が原因となって失われてしまうこともあります。
就寝中に無意識に行う歯ぎしりや、ついつい歯をかみ締めてしまう食いしばりは「歯にもっとも負担をかける行為」であり、これら2つの行為が原因で歯が割れてしまい、抜歯せざるを得なくなってしまうのです。

歯の寿命を延ばすために今からでも出来ること

8020運動を達成するためには、毎日行う「歯や歯ぐきのケア」が欠かせません。
しかし、人によってはすでに歯を相当数失ってしまい8020運動を達成出来ない、というケースも多いのですが、今からでも残っている歯の寿命を延ばすために出来ることはたくさんあります。

  1. プラークコントロールを行い虫歯と歯周病を予防する人のお口の中にはおよそ「1,000億~1兆個」もの細菌がひそんでおり、この中でも特に虫歯菌であるミュータンス菌と虫歯の穴を深く大きくしてしまうラクトバチルス菌、そして歯周病を引き起こす歯周病菌がお口の病気を引き起こす原因菌となっています。
    虫歯や歯周病を防ぐためには、これら虫歯菌や歯周病菌がひそんでいる歯垢(プラーク)を毎日のブラッシングを中心としたプラークコントロールによって清掃除去し、お口の中をつねに清潔な状態に保つことが大切です。
  2. かみ合わせを治して歯にかかる負担を軽減する

    歯並びが悪くかみ合わせが乱れていると、歯ブラシがすみずみまで届きにくくなり虫歯になりやすく、また、かみ合わせの異常によって一部の歯にかたよった負担がかかりやすくなってしまいます。
    かみ合わせを治すためには、矯正歯科で行っている矯正治療を受けることにより歯並びを整え、かみ合わせの異常の原因となっている歯の高さを調節することで、歯にかかる負担を軽減して歯の寿命を延ばすことが出来ます。
  3. 食生活や生活習慣を見直す

    虫歯菌や歯周病菌は食べ物に含まれる糖質をエネルギー源として活動しています。
    このため、暴飲暴食をして糖質を含むご飯や麺類、パンなどの炭水化物や砂糖を多く含むお菓子や清涼飲料水などを日常的に過剰に摂取していると、虫歯や歯周病になるリスクが上がってしまいます。
    また、食事をした後に歯を磨かない、寝る前に歯を磨かない、といった生活習慣も虫歯や歯周病の症状を悪化させます。
    さらに、タバコを吸う喫煙習慣がある人は歯周病の症状が悪化しやすいことも明らかになっています。
    虫歯や歯周病の症状を悪化させないためにも、炭水化物や砂糖を含む食品は摂り過ぎないことを心がけ、食事をした後や寝る前には歯をきちんと磨く、禁煙をする、といった生活習慣の見直しも合わせて行いましょう。
  4. 歯科医院で定期的な検査とメンテナンスを受ける

    上記のことを守り毎日の歯磨きをきちんとしていても、虫歯や歯周病になってしまうことがあります。
    これは、ブラッシングしにくい場所にプラークが付着しやすく、そこから虫歯や歯周病になるケースが多いためです。
    虫歯や歯周病を防ぐためには毎日のブラッシングを中心としたプラークコントロールをしっかりと行い、その上で定期的に歯科医院で検査と歯のクリーニングなどのメンテナンスを受けることにより、自分では落としきれないプラークや歯石を除去することが出来、虫歯や歯周病になるリスクを下げることが出来ます。

歯周病予防にも!毎日の歯磨きを効果的にするポイント

健康な歯を保ち、「食事を美味しく楽しめる人生」を送りましょう

「8020運動」についてのご説明、いかがでしたでしょうか。

一見するととても難しいことのように聞こえる8020運動ですが、今回ご紹介した「歯のケア」や「定期的に歯科医院で検査とメンテナンスを受ける」、そして「食生活や生活習慣を見直す」といった、ひとつひとつは簡単な事柄をしっかりと行うことにより、80歳までに20本の歯を残す、または歯の寿命を延ばすことが可能となります。

現在はインプラントや入れ歯など、義歯治療の技術や器具が発達しており、歯を失っても義歯を使って食事をすることが出来ますが、自然の歯にまさる義歯はありません。

また、人の歯は、失ってしまったケースではもちろんのこと、虫歯を治療するために少し歯を削っただけでも、二度とその機能を元に戻すことは出来ません。
それほど、「歯はかけがえのない大切な存在」なのです。

自分自身の大切な歯を残して「食生活を美味しく楽しめる人生」を送るためにも、毎日のブラッシングを中心としたプラークコントロールを欠かさずに行い、健康な歯を残すように心がけましょう

 

 

松島歯科では予防歯科を推奨しています。
虫歯も歯周病も早期発見・治療が重要になり、もっと言えば虫歯や歯周病にならないために常に予防しておくことが望ましいです。

正しいブラッシング方法の指導やPMTCも行っているので、定期的にメンテナンスを受けるようにしましょう。