オフィスホワイトニングとホームホワイトニングの違い

 

歯を白くするホワイトニングには代表的な2種類の方法として、歯科医院で行う「オフィスホワイトニング」と患者様がご自身で行う「ホームホワイトニング」があります。
これら2つのホワイトニングは、どちらも歯を美しい白さにする治療であることに変わりはありません。
しかし、それぞれのホワイトニング方法によって歯を白くする方法や治療にかかる時間、また治療にかかる費用も異なってきます。
このため、ホワイトニングを行ったことがない方は、「いったいどちらの方法を選べば良いの?」と迷われてしまうかもしれません。
そこで今回は、「オフィスホワイトニングとホームホワイトニングの違い」について詳しく解説をさせていただきます。
「ホワイトニングに興味がある」「ホワイトニングをしてみたい」という方は、ぜひ、記事をご参考になさってみてくださいね。

歯が白くなることで得られるメリット

オフィスホワイトニングとは

オフィスホワイトニングの治療の流れ

オフィスホワイトニングとは、審美歯科の院内で行うホワイトニングのことを指します。
オフィスホワイトニングでは過酸化水素水から作られている成分の濃い「ホワイトニング剤」という薬剤を使い、治療を受ける患者様の歯の表面にホワイトニング剤を塗ってゆきます。
次に、ホワイトニング剤を塗った歯の表面に専用の器具を使って光を当て、歯の中に浸透着色した汚れを分解して除去し、歯を白くします。
以上が、審美歯科の医院内で行われるオフィスホワイトニングの治療の流れとなります。

オフィスホワイトニングに必要な通院回数と治療期間

通院回数:平均で5回前後の通院が必要
治療期間:1ヵ月半~2ヶ月程度

歯科医院で行うオフィスホワイトニングでは、成分の濃いホワイトニング剤を使用して治療を行います。
オフィスホワイトニングを行う際の1回あたりの治療時間は「約30分~1時間程度」で、短期間で集中的に歯を白くしてゆきます。
オフィスホワイトニングは成分が濃いホワイトニング剤を使うため、患者様によっては初回の治療ではっきりと歯の白さを実感することが出来ます。
1回の治療でも効果を実感出来るケースもある即効性の高いオフィスホワイトニングですが、強い成分のホワイトニング剤を使いますので治療の間隔を最低でも1週間は空ける必要があります。
このため、誰が見てもは「歯が白い」というレベルにまで歯を白くするには、トータルで「5回前後」の通院が必要になり、治療にかかる期間はおよそ「1ヵ月半~2ヶ月程度」となります。

オフィスホワイトニングの治療費用

治療費用:1本の歯につき2,000円~10,000円程度
(歯科医院ごとに価格が異なります)

オフィスホワイトニングにかかる治療費用は1本の歯につき「2,000円~10,000円程度」と価格に幅があります。
治療費用が異なる理由としては、オフィスホワイトニングは歯科医院によっては治療方法に違いがあるほか、治療価格も歯科医院ごとに設定されているためです。
保険が適用されず治療はすべて自費での診療となるオフィスホワイトニングは、「はっきりと定められた治療価格」というものは存在せず、治療にかかる費用にも大きな幅があるのが現在の状態です。

歯の白さが持つ期間

持続期間:3ヶ月~10ヶ月程度

オフィスホワイトニングは成分が濃いホワイトニング剤を使いますので短期間で歯が白くなるというメリットがありますが、歯の白さが持続する期間は施術が完了した後、およそ「3ヶ月~10ヶ月程度」と比較的短くなってしまいます。
これは、オフィスホワイトニングでは1回あたりの治療時間が限られており、薬剤を歯に浸透させる時間と汚れを分解する光を照射する時間が短いため、歯の奥に充分に薬剤を浸透させることが出来ず、汚れの分解にかける時間も短くなってしまうことが理由です。

ホームホワイトニングとは

ホームホワイトニングの治療の流れ

ホームホワイトニングとは、患者様がご自宅で自分自身で行うホワイトニングのことを指します。
ホームホワイトニングではまず最初に歯科医院で診察とカウンセリングを受けた後、2回目の通院時に患者様の歯型に合わせたマウスピースと専用のホワイトニングジェルが処方されます。
その後は、患者様がご自宅でホワイトニングジェルをマウスピースの中に塗り込み、就寝中などにマウスピースを装着してご自身でホワイトニングを行うこととなります。

ホームホワイトニングに必要な通院回数と治療期間

通院回数:2回の通院が必要
治療期間:2ヶ月~3ヶ月程度(1日1~2時間程度マウスピースを装着した場合)

ホームホワイトニングでは初診時にカウンセリングを行って患者様の歯型を取り、2回目の通院時にマウスピースとホワイトニングジェルを受け取る必要があるため、全部で「2回」の通院が必要となります。
また、ホームホワイトニングでは1日あたり「1~2時間程度」マウスピースを装着し、およそ「2ヶ月~3ヶ月程度」のホワイトニングをご自身で続ける必要があります。

オフィスホワイトニングの治療費用

治療費用: 25,000円~35,000円程度
(歯科医院ごとに価格が異なります)

ホームホワイトニングにかかる治療費用は歯科医院ごとに異なりますが、平均的な治療費用としては歯科医院の診察料金とマウスピース、ホワイトニングジェルの専用キットの価格を合わせて「25,000円~35,000円程度」となります。

歯の白さが持つ期間

持続期間:6ヶ月~1年程度(2ヶ月~3ヶ月間かけてホームホワイトニングを毎日行った場合)

ホームホワイトニングで使うホワイトニングジェルはオフィスホワイトニングで使うホワイトニング剤よりも歯を白くする成分が弱いのですが、ホームホワイトニングは患者様がご自身で毎日「1~2時間程度」の時間をかけてホワイトニングを行うことによって、ホワイトニングジェルの成分が歯の奥深くにまで浸透して汚れを分解除去するため、歯の白さも「6ヶ月~1年程度」と比較的長持ちします。

それぞれの治療のメリットとデメリットについて

オフィスホワイトニング

メリット
  • 短期間で集中的に歯を白くすることが出来る
  • 歯の色調を調節することが出来る
  • トラブルが起きた場合でもすぐに対処することが出来る
デメリット
  • ホワイトニング剤の成分が強いため、治療中に痛みを感じることがある
  • 歯科医院に通院する必要がある
  • 症状によっては治療費用が高くなることがある
  • 歯の白さが持続する期間が比較的短い

ホームホワイトニング

メリット
  • 2回の通院をした後は自宅でホワイトニングを行うことが出来る
  • ホワイトニング剤の成分が弱いため痛みを感じにくい
  • 時間をかけてホワイトニングを行うため、歯の白さが長持ちする
デメリット
  • 即効性はなく、時間をかけて毎日のホワイトニングを続けてゆく必要がある
  • 歯の色調を調節することが出来ない
  • トラブルが発生した時にすぐに対処することが難しい

白い歯に憧れる方へ!有効なホワイトニングとは

ご自身の生活スタイルや目的に合わせたホワイトニングを選びましょう

「オフィスホワイトニングとホームホワイトニングの違い」についてご紹介しました。

オフィスホワイトニングとホームホワイトニングはそれぞれの治療法によってホワイトニング方法が異なり、治療にかける費用や期間、また、歯の白さが持続する期間も異なりますが、ホワイトニングにおいては「途中であきらめず、満足出来る歯の白さになるまでホワイトニングを止めない」ことがもっとも大切なポイントとなります。
歯の白さを出来るかぎり長く保ち続けるためにも、ホワイトニングをご検討されている方は自分自身の生活スタイルや目的に合わせた治療法をお選びになり、患者様ご自身が納得した上でホワイトニング治療をお受けになることをおすすめします。

松島歯科ではオフィスホワイトニングとホームホワイトニングのどちらの治療も行っております。

本来の歯の白さ以上に綺麗な歯になって、笑顔に自信を持ちましょう。

【アクセス】

〒105-0003
東京都港区西新橋3-8-2 新橋ウエストビル2F

TEL:03-3434-2641

診療時間:9:30-13:00 14:00-18:00
休診日:日曜・祝日

最寄駅:
JR新橋駅 烏森口より徒歩約10分
都営三田線 御成門駅 A5出口より徒歩約4分