歯周病の原因は?なにげないその「習慣」が大きく影響しているかも!

 

はじめに

みなさんはどの程度歯周病についての知識がありますか?
歯周病にかかりたくない方は多いでしょうが、対策を行っている方はそういないのではないでしょうか?
この歯周病は歯を支える骨を溶かすほど怖い病気です。

 

でも、症状が全くないと気にならないもの・・。

実は、30歳以上の80パーセントもの人が歯周病にかかっていると言われています。
ここでは、この怖い病気歯周病と生活習慣との関係や対策法などについてご紹介してみたいと思います。
将来ずっとご自分の歯で食事ができるようご参考になさってみてくださいね!

歯周病とは?

そもそも歯周病とは歯を支えるための骨が溶ける病気で、歯が揺れたり歯茎が腫れたりするため最終的には歯を骨が支えられなくなり、抜け落ちてしまう怖い病気です。
歯を失う最大の原因がこの歯周病とも言われており、歯周病菌と体の抵抗力とのバランスが崩れた時に進行しやすいです。
加齢とともに体の抵抗力は落ちていき歯周病になりやすいのですが、適切な対応をすれば歯周病の進行を食い止めることができると言われています。

歯周病がもたらす体への影響とは?

この歯周病は早期治療しないと体に大変悪い影響を及ぼすのですが、次のような病気を引き起こすと言われています。
糖尿病

 

狭心症

 

心筋梗塞

 

骨粗しょう症

 

早産・低体重児の出産・・などです。

 

 

あくまで可能性ですが、歯周病と深くかかわる病気であることは間違いなさそうです。
特に糖尿病については、歯周病の合併症とも言われるほど発症するリスクが高いと言われているため、歯周病になると糖尿病になりやすいですし、その逆も当てはまります。

 

その理由は、糖尿病になると毛細血管が弱くなるため細菌感染しやすいからです。

さらに、白血球の機能が低下したり、唾液の分泌量が少なくなるため細菌感染しやすくなるとも言われています。

生活習慣と歯周病の関係とは?

喫煙は歯周病を5倍悪化させる

たばこを吸うことによって、免疫細胞が歯茎の正常な細胞を破壊すると言われています。
さらに、ニコチンが毛細血管を収縮させ、歯茎の血行が悪くなって歯周病が悪化するそうです。
20本以上1日にたばこを吸う人は、30歳以上に歯周病になる確率が吸わない人と比べると5倍にもなるそうです。
対処法としては、最近禁煙外来などがあるクリニックが増えているのでサポートしてもらうことでしょう。

ストレスは歯周病に悪影響が

精神的ストレスによって自律神経のバランスが崩れてしまい、免疫力が低下すると言われています。
免疫力が低下すると歯周病は悪化してしまいます。
対処法としては、現代社会で生きていく上でストレスなく過ごすことは不可能なため、うまくストレスを発散することにより免疫力をアップさせることでしょう。
また、免疫力アップさせるサプリなども売られているため使ってみるのもおススメですよ!

初期の歯周病を改善するセルフケアとは?

歯周病は、サイレントキラーとも言われているほど知らず知らずのうちに悪化していく怖い病気です。
歯茎が腫れて赤くなっている場合には歯周病の可能性があるので、早期のうちにケアしておきましょう。
普段の歯磨きの仕方を変えるだけで症状が改善していきますので、これから紹介する歯周病“セルフケア”をすぐに実践してみましょう。

セルフケアで大切なこと

なお、セルフケアで大切なこととは

 

柔らかめの歯ブラシを使う

 

自分に合った歯ブラシの持ち方をする

 

歯と歯茎の境目を丁寧にブラッシングすること・・などですね。

 

まず、柔らかめの歯ブラシを使う理由についてですが、歯茎が腫れている場合出血しやすいためです。
柔らかめの歯ブラシは歯周病の原因であるプラークを除去できるだけでなく、歯茎をマッサージするのにも適しています。

 

歯ブラシの持ち方については、自分が磨きやすいと思う持ち方でしっかりと磨いていくことが大切でしょう。
持ち方は歯ブラシのグリップ部分を握り締める持ち方のパームグリップと、ペンを持つ時の握り方であるペングリップの2つが適していると言われています。

 

最後に、歯と歯茎の境目を丁寧に磨くのはプラークをよりキレイに取り除けるからです。
境目を意識して磨けば、単純に歯を磨くより磨き残しが少なくて済みます。
その時、境目部分に触れる歯ブラシの毛先がしっかりと当たっているのを意識しながら軽い力で磨いてみましょう。
目安としては1か所につき20回程度がいいでしょう。

歯間ブラシ・デンタルフロス

歯ブラシだけで届きにくいところは、市販されている歯間ブラシやデンタルフロスを使ってプラークを取り除いていくといいでしょう。
歯と歯の間のプラークを落とすのに効果があるのが歯間ブラシで、使う際には歯茎を傷つけないようゆっくり歯の間に挿入して前後に数回程度動かしましょう。
サイズについては無理せず挿入でき動かせるものがおススメ。

 

さらに、使用したらブラシ部分は水洗いし、しっかりと乾燥させておきましょう。
デンタルフロスは、歯と歯の間のプラークを糸を通して取り除くものです。
歯間部に斜めにスライドしつつ、ゆっくりと前後に動かしてみましょう。

 

なお、糸を引き抜く際にはいったん歯茎の下の方まで持っていき抜くようにしてくださいね。
もし歯茎に炎症がある方は出血することもありますが、何度か使っているうちに出血量は減っていくはずですので心配はいりません。
デンタルフロスは衛生上その都度新しいものを使うようにしてくださいね。

まとめ

いかがだったでしょうか?
歯周病と生活習慣との関係、対処法などをご紹介してみました。
歯周病は日本人の8割もの人がかかっていると言われるほどのポピュラーな病気です。

 

さらに、現在歯をなくす原因の半数がこの歯周病だそうです。
歯周病の治療は毎日の歯磨きによって歯垢を確実に除去するともに生活習慣を見直し、定期的にクリニックで検診を受けて予防することこそが大切だと言えます。
もし、歯茎から血がよく出るとか、歯が揺れるなどした場合には早いうちにクリニックで相談してみてくださいね。
歯周病にかかることなく、いつまでもご自分の歯でしっかり食事ができるといいですね!
ぜひご参考になさってみてください。

 

他にも気になること、不安なことがありましたら松島歯科にご相談を!