【歯を健康で綺麗に】おすすめ歯磨き粉一覧

毎日使う歯磨き粉。あなたは、どのような条件で歯磨き粉を選んでいますか?

スーパーで適当に選んでいますか?歯磨き粉のブランド名で選んでいますか?値段で選んでいますか?みんなが買うから同じものを選んでいますか?実は、歯磨き粉には、虫歯予防用歯周病予防用ホワイトニング用など用途によって効果も違ってきます。また、フッ素配合、フッ素無配合、研磨剤配合、研磨剤無配合など、歯磨き粉の種類も様々。今回は、その中でも、おすすめの歯磨き粉についてご紹介いたします。

 

どんな歯磨き粉を選べば良い?

家庭用の歯磨き粉には、様々なタイプの歯磨き粉があります。では、どのようなタイプの歯磨き粉を選べば良いのでしょうか。

 

歯磨き粉の種類

  • フッ素配合…虫歯予防に最適
  • 着色を除去する効果…歯の着色を除去してくれる効果のある研磨剤が配合されている方が良い
  • 歯周病予防の効果…虫歯だけでなく、歯周病予防してくれる効果がある方が良い
  • 低研磨の歯磨き粉…研磨作用が強すぎると、歯のエナメル質を破壊してくれる効果があるので、低研磨の方が良い
  • 低発砲の歯磨き粉…歯磨きの際、泡が立ちすぎると磨いたつもりになってしまいがちなので、低発砲の方が良い

 

全ての条件をクリアしている必要はありませんが、出来る限り上記の条件をクリアしている歯磨き粉の方がベストです。あなたに合った歯磨き粉、そしてあなたの目的に合った歯磨き粉を選びましょう。

おすすめの歯磨き粉(予防)

歯科医がおすすめする、虫歯予防においておすすめの歯磨き粉をご紹介いたします。

 

おすすめの歯磨き粉

1.コンクールジェルコートF(ウェルテック)

ジェルタイプの歯磨き粉。

虫歯予防、歯周病予防、低研磨、発泡剤無配合、フッ素配合、塩酸クロルヘキシジン配合(歯周病に有効)。

 

2.スーパースマイル(スーパースマイル)

ホワイトニング歯磨き粉。

虫歯予防、フッ素配合、重曹などの研磨成分配合、ミネラル配合、粒が細かく歯の隅々まで行き渡る。

 

3.ブリリアントモア(ライオン)

ホワイトニング歯磨き粉。

虫歯予防、フッ素配合、高い研磨性あり、ピロリン酸ナトリウム配合(着色を除去する働きがある)。

 

4.アパガードリナメル(サンギ)

ナノサイズのハイドロキシアパタイト配合の歯磨き粉。

虫歯予防、フッ素無配合、知覚過敏予防、ナノサイズのハイドロキシアパタイト配合(歯の表面の傷などに入り込んで、エナメル質をなめらかにする効果)。

 

5.リカルセンシティブ オレンジミント(ciメディカル)

ジェルタイプの歯磨き粉。

虫歯予防、フッ素配合、塩化セチルピリジニウム(CPC)配合(殺菌成分)、硝酸カリウム・乳酸アルミニウム配合(知覚過敏予防)、低研磨、低発砲、オレンジミントの香味料。

 

虫歯予防におすすめの歯磨き粉をご紹介いたしました。それぞれ特徴がありますので、ご自身の好みやタイプに合わせて、選ぶようにしましょう。

 

上手な歯磨き方法

どんなに良い歯磨き粉を選んでも、上手に歯を磨くことが出来なければ意味がありません。上手に歯を磨いて、いつまでも健康な虫歯知らずの歯にしましょう。

 

歯磨き方法

  • 歯ブラシの持ち方は、ペンを持つように持つ
  • 歯ブラシは、水で濡らさずに歯磨き粉をつけて磨く
  • 小刻みに、歯を1本1本磨くイメージで磨く
  • 歯を磨くときは、歯と歯の間、歯と歯茎の間、歯のみぞ、歯の裏側など、くまなく磨く
  • 前歯は歯ブラシを縦にして磨く
  • 磨き忘れがないように、磨く順番を決めて磨く
  • 磨き残しがないかどうか、舌で確認しながら磨く
  • 歯と歯ブラシが直角に当たるように磨く、奥歯は斜めに歯ブラシを当てて磨く
  • すすぎは最小限に抑える

 

このように、毎日の歯磨きを丁寧に上手に行うことで、虫歯や歯周病を予防することは可能です。歯磨き粉選びも大切ですが、毎日の歯磨きを怠らず、しっかりと磨くことも大切です。毎日丁寧に歯を磨くようにしましょう。

 

 

虫歯にならないためにできること

虫歯にならないためにできることは、何があるでしょうか。

 

虫歯予防のためにできる5つのこと

  1. 虫歯予防の歯磨き粉を選ぶ(フッ素配合、低研磨、低発砲、虫歯予防、歯周病予防の歯磨き粉)
  2. 歯ブラシのほかに、デンタルフロスや歯間ブラシ、ワンタクトブラシなども使う
  3. 定期的に歯科医院で定期検診を受ける
  4. 歯科医院で歯ブラシ指導を受け、それぞれの歯に合った磨き方を習得する
  5. 糖質ばかり口にせず、栄養バランスを考えた食事をする

 

せっかく良い歯磨き粉を選んでも、無駄にならないように、毎日の習慣や定期検診など怠らずに、ケアをしっかりとしていきましょう。歯は一生付き合っていくもの。大切にしたいものですね。

 

歯の定期検診に行った方がいい理由とは?

いかがでしたか?今回は、歯を健康できれいに保つための歯磨き粉について、ご紹介いたしました。

歯磨き粉にも、フッ素配合低研磨低発砲など色々と種類があります。すべての条件をクリアする必要はありません。ご自身に合った、ご自身の目的に合った歯磨き粉を使って、毎日上手に歯磨きすることで、虫歯や歯周病は回避できます。ぜひ、良い歯磨きを選んで、正しい方法で歯磨きしてくださいね。

 

 

虫歯予防なら松島歯科におまかせ