歯周病になってしまう原因と治療方法

はじめに

歯周病を自覚している人はそう多くないでしょう。
歯周病とは歯の周囲の骨が溶ける病気のことで、歯を失う最大の原因となる恐ろしい病気です。
ですが、歯周病はきちんと治療を行えば進行を止めることもできるので、早期のうちに治療を受けておけばいつまでも自分の歯でおいしく食事ができるはずです。

 

ここでは、そんな歯周病の原因と治療法についてお教えしたいと思います。

歯周病の原因とは?

直接的原因

歯周病の直接的な原因は歯垢でこの歯垢は生きた細菌が固まったもので、ほとんどが酸素のないところを好み、歯茎の隙間に隠れています。

この歯垢の中にある細菌が排出する毒素により歯茎に炎症が起きると言われています。

間接的原因

歯周病は生活環境やお口の中の環境にも危険因子があり、歯肉炎を防ぐにはきちんと歯垢を取り除いてその危険因子を取り除くことが大切です。

 

危険因子の中には、歯並びの悪さ食習慣ストレス、睡眠不足、喫煙、運動不足・・などがあります。

お口の中のトラブル

日ごろからお口のケアを行っていなかったり、お口にとって悪い習慣などがあると歯周病になりやすいです。
お口の中の細菌や汚れが増えると歯垢ができ、磨き残した歯垢は数日で石灰化して歯石になります
この歯石がいったんついてしまいますとブラッシングでは取れないため、歯茎が炎症してしまうこともあります。
口呼吸するのがくせになっている人はお口の中が乾燥しやすいので歯垢がたまりやすいです。

 

また、歯ぎしりすると歯ぐきや歯に負担がかかるため炎症がおきやすいです。
歯並びが悪いところはブラッシングが不十分になりやすいため、磨き残しによって歯垢が付きやすくなります。

 

歯に合わないかぶせ物があると、その周囲に歯垢が付きやすくなると言われています。

生活習慣

なにも歯周病の原因となるのは歯周病菌だけではなく、日ごろの何気ない生活の中にもその原因は潜んでいます。

 

まず、喫煙ですが、これは血管が収縮するため歯茎の血行が悪くなり、歯周病になりやすいです。
また、毎日の生活でストレスが多いと歯磨きや食習慣が変わることもあり、またストレスが原因となって体の抵抗力が弱まるため、歯周病が悪化しやすいです。
さらに、不規則な食生活やバランスの悪い食事をしていますと、早歯茎にも悪い影響があります。

柔らかいものや甘いものなども歯につきやすいため、歯垢が増える要因になります。

 

歯周病の治療法とは?

スケーリング&ループレーニング

歯周病の根本的な要因は上でご紹介したように歯垢なので毎日のブラッシングで取り除けますが、実際のところ正しいブラッシングができていない方が多いです。

歯垢は時間が経つとブラッシングでは取り除けない歯石になってしまい、歯石は歯周病菌の絶好の隠れ家となってしまうため、少しでも早く取り除かないと歯周病は進行するばかりです。

歯周病になると歯周ポケットが深くなるため、そこにたまった歯垢や歯石はブラッシングでは取り除けなくなりどんどん進行していきます。
そこで、この歯石や歯垢をクリニックで取ってもらい再度付着しにくくなる治療法をスケーリング&ループレーニングを行うことがあります。
この治療によって、ブラッシングでは取り切れない歯石や歯垢を取ってもらうと歯周ポケットの深さが浅くなるため、歯周病の進行を抑えることができ、症状も徐々に改善できます。

 

被せものや詰めものを治療する

もし、お口の中の被せものや詰めものが不適合だと歯垢がつきやすくブラッシングでは取りづらいという事態に陥ります。
きちんと適合性をチェックしてもらい、もし合っていなければ治療してもらうことになります。

この治療を行うだけで歯垢がつきにくくなり、さらについてしまった歯垢も取り除きやすくなるため歯周病の進行を抑えられ、症状がよくなることが多いです。

抗生物質などを使った治療

歯周病とは歯垢つまり歯周病菌に感染する病気ですので、抗生物質を飲んだり、歯垢がある歯周ポケットの中に挿入したりすることにより、増えてしまった細菌を減少させる治療法を取る場合もあります。

歯ぎしりを治療する

歯ぎしりをするくせがある方は歯周病が進行しやすいため、マウスピースなどを使って歯ぎしりを抑える治療を行うことがあります。


食生活&生活習慣を改善する

歯周病は感染症のため、睡眠不足やストレス、病気などの場合感染しやすくなると言われています。
そのため、適度な運動や十分な睡眠、また、ストレス解消を行うことは歯周病を治療する上で必要不可欠だと言えます。
さらに、歯周病と糖尿病は深い関係があると言われているため、食事の際にはよく噛み、食生活を見直すことも重要です。

かみ合わせを治療する

噛み合わせが悪いと一部の歯に負担がかかってしまい、その歯が破壊されるので、歯を失う原因となります。

そのような場合には噛み合わせを治療することが多いです。

外科的手術

歯周病は予防が最も大切ですが、それでも中度や重度の歯周病になってしまった場合には外科的歯周病手術、たとえばインプラント治療などが行われます。

最近、インプラント治療を行うクリニックが大変増えています。

ただし、インプラントは自費治療となるので、治療前にしっかりと医師に相談することをおすすめします。


まとめ

いかがだったでしょうか?

歯周病の原因とその治療法についてご紹介してみました。

歯周病を治療してきちんと完治させたと思っても、一度歯周病にかかった人は再発してしまう可能性が高いと言われています。

なので、再び歯周病にならないためにも、歯周病を治療した後のメンテナンスが非常に大切になります。
正しいブラッシング法はもちろんのこと、バランスの取れた食生活や健康的な生活習慣を継続し、可能であれば3か月に1度程度はクリニックで定期健診を受けて歯周病を予防していただきたいです。

上記でご紹介したとおり、歯周病とはお口の中の治療以外に食生活や生活習慣を見直し、改善する必要がありためクリニックで治療を行う以外にも自分自身の日ごろの努力が必要不可欠なのです。

 

 

歯周病治療なら松島歯科へ

歯周病は放置しておくと日常生活に支障をきたすだけでなく、重大な病気にもつながってきます。
ブラッシングの指導から、虫歯治療、定期検診などを行っている松島歯科を訪れ、お口の中をきれいにして健康を保ちましょう。