知っておきたい!噛み合わせの悪さがもたらす悪影響

 

はじめに

噛み合わせが悪いままだと、全身にさまざまな悪影響が及ぶと言われています。
噛み合わせが悪くなる原因には歯やあごの関節などに負担がかかる悪いくせや習慣などがあり、これは自分では治せないことが多いので、気になるようならクリニックで診てもらうようにしましょう。
ここではそんな噛み合わせの悪さがもたらす悪影響についてまとめてみます。

噛み合わせが悪くなる原因

・歯並びが悪い

八重歯や出っ歯など歯並びが悪い方は成長するにつれ噛み合わせも悪くなることが多いです。
小さい頃はなんら問題なくても、成長するにつれあご周りの筋肉や骨格が変化するため噛み合わせが悪くなることがあります。

・歯やあごにとって悪いくせや習慣

生活の中で無意識に行っているほおづえや、うつぶせ寝・・などは噛み合わせを悪くする原因になります。
また、勉強中などに集中すると食いしばりをしたり、寝ている間の歯ぎしりなどは歯にかなり負担をかけると言われています。

・被せものや詰めものが合っていない

虫歯治療で使われる被せものや詰めものが合わない場合、噛み合わせが悪くなることがあります。
特に、奥歯の詰めものや被せものがずれると高さが合わなくなるため、噛み合わせのほか顎関節にも余計な負担がかかることがあります。
さらに、入れ歯が合っていない場合も噛み合わせが悪くなることがあるため注意しましょう。

・片方ばかりで噛む

食事の際に片方ばかりで噛むくせがある方はそちら側の筋肉だけが発達してくるため、あごの筋肉が左右でバランスが悪くなり、あごの骨が歪んでしまうことがあります。
さらに、歯のすり減り具合についても左右で差が出るため、噛み合わせが悪化することがあります。

噛み合わせが悪いことでの悪影響

噛み合わせが悪いと、歯の機能が損なわれると言ってもいいでしょう。
正常に噛めないことはもちろんですが、片方ばかりで噛んでしまうなど、あごにかかる力のバランスが悪くなるため使うあごの筋肉が偏ってしまい、全身のバランスがおかしくなることもあります。

・歯周病や虫歯になりやすい

噛み合わせがいい状態だと歯には自浄作用があります。
たとえば、汚れが洗い流されたり付きづらくなる・・などです。
いっぽうで、歯並びが悪くなれば汚れが付きやすくなったり、歯ブラシが届きづらくなったりとケアしづらくなり歯周病や虫歯になりやすくなります。
また、歯に余計な負担がかかったり、力がまっすぐに加わらないため歯周病になりやすいと言われています。

・咀嚼に悪影響がある

歯の最大に機能と言っていいのが噛むことです。
しっかりと噛むことで食べものを細かくでき唾液をしっかり混ぜられるため消化しやすくなります。
噛み合わせが悪いままだと、しっかりと噛めませんし舌の動きが悪くなったりし唾液と混ざりにくくなります。
また、噛み合わせが悪いと咀嚼機能が低下し飲み込みづらくなる・・など、嚥下障害を起こすこともあります。

・消化器官へ負担がかかる

上でご紹介したように咀嚼に弊害が起きると、胃腸などの消化器官にも悪影響が及びます。
食べものをしっかり噛まずに飲み込んだり、唾液としっかり混ざり合わないで飲み込んでしまうので胃腸に大きな負担がかかります。

・顔が歪む

噛み合わせが悪いと、咀嚼筋が偏りが起こることがあります。
片方のあごばかりで噛んでいうるちに左右の咀嚼筋にかかる力のバランスが悪くなってしまい、顔が歪んでしまうことがあるそうです。

・顎関節に異常が起きる

さらに、噛み合わせが悪いと顎関節に異常が起きることがあります。
噛み合わせが悪いと、あごの関節に余計な力がかかるためあごの位置がずれ最悪顎関節症になることもあるそうです。
そうなると、あごの関節に痛みや違和感が起こり、口を開ける時に音が鳴ったり、最悪口が開けづらくなるなどの弊害が出ます。
逆に言うと、顎関節に異常がある場合その原因に噛み合わせが悪いことが考えられると言ってもいいでしょう。

・姿勢が歪む

噛み合わせが悪いと、表情以外にも姿勢が歪んでしまうと言われています。
下あごは頭蓋骨にぶら下げられている状態で、噛み合わせが正常だとその下あごもバランスのいい安定した状態のはずです。
ですが、噛み合わせが悪いと下あごの位置が歪んでしまい、それを無意識のうちに正しい位置へと調整しようとします。
体の中でも頭はかなりの重さがある部分ですので、頭の位置が歪むとそれを支える肩や首の筋肉のバランスも悪くなります。
肩でバランスが取れなくなってしまうと、腕の位置で調整しようとしますので、全身に悪影響が及んでくるのです。
慢性的な頭痛や肩こりがあるなら、噛み合わせの悪さを疑ってみるといいかもしれませんね。

・その他全身への悪影響

その他、噛み合わせが悪いと全身のバランスが崩れるため、肩こりや頭痛など全身への悪影響が起きるとも言われています。
噛み合わせの位置が正常なところより低かったり高かったりすると、あごの関節だけでなく筋肉にも余計な力がかかると言われています。
これにより、肩こりや頭痛が起きることがあります。
ただ、肩こりや頭痛の原因が全て噛み合わせの悪さとは言い切れませんが、その原因の1つであることは間違いないと考えていいでしょう。

悪い噛み合わせの治療法

噛み合わせが悪い場合、矯正治療によって治療することをおススメします。
基本的に大人になってからでも治療できますが、子どもと大人とでは少し違いがあるため注意しましょう。

・お子さんの場合

基本的に抜歯はせず治療しますが、あごの発育の調整を行いブラケットを装着し歯並びをきれいにします。
お子さんの方が大人の方より治療期間が短いことが多いです。

・大人の場合

大人の場合は抜歯の必要があることもあります。
もし、骨格になんらかの問題があれば歯を動かすだけでなく、外科的処置が必要になることもあります。
マウスピースを使った矯正治療を行うこともあるようですね。

まとめ

噛み合わせの悪さは自分では気づかないものが多いです。
ただ、長期間噛み合わせが悪いままだと全身にさまざまな悪影響が及ぶことを理解しておきましょう。
もし、ご自分の噛み合わせが悪いかも?と思うことがあったら、かかりつけのクリニックで診てもらうことをおすすめします!