矯正するべき歯並びとおすすめの矯正治療

はじめに

みなさんは歯並びはご自分の歯並びに自信はありますか?
それとも、歯並びの悪さがコンプレックスだったり、噛み合わせの悪さに悩んでいませんか?
そういった方には矯正治療が効果的ですが、実際に治療を受けたくてもさまざまな治療法があるため、どれを選べばいいのか分からないこともあるでしょう。
ご自分の歯並びが矯正治療を受けるべきか判断できないかもしれません。
ここでは矯正治療を受けるべき歯並びや矯正の種類などについてお伝えします。

矯正治療を受けるべき歯並びとは

上顎前突

いわゆる出っ歯のことで、下の歯より上の歯が出ている状態で上のあごの発育がよすぎたり、下のあごの発育が小さかったりする際に起こります。
上の前歯の裏の歯ぐきを下の前歯が傷つけていたり、口呼吸だったりすると歯ぐきに悪影響が及びます。
その原因として、生まれつきのことや、口呼吸、舌のくせなどが挙げられます。
矯正治療を始めるのは早い方がいいと言われており、8~10歳頃が最適だそうです。

下顎前突

いわゆる受け口のことです。
上の歯より下の歯が出ている歯並びのことで、上下の前歯の傾き加減に問題がある、上の顎の発育が小さく下のあごの成長がよすぎる・・などの場合に多いです。
しっかり噛めないだけでなく、発音しづらくなってしまうことも。
原因としては舌のくせや呼吸、生まれつきのこともあります。
あごの骨に問題がある場合には小学生頃から治療するのが望ましいとされていますが、長期間にわたる矯正治療が必要になるでしょう。
さらに、歯並びの程度によっては乳歯の頃から矯正治療を始める方がいいこともあり、遅くなるとあごの骨を手術する必要が出る場合もあります。

開咬

奥歯はきちんと噛み合うものの、前歯で噛み切りづらく発音に悪影響が起きる場合もあります。
前歯がちゃんと当たらないため奥歯に余計な力がかかってしまい、あごの関節や奥歯に支障が起きることもあるようです。
原因としては舌のくせや口呼吸、指しゃぶりや生まれつきのことがあります。
矯正治療を始める最適な時期は乳歯から永久歯へ生え変わる小学生頃からだと言われており、悪いくせを治したり、上下のあごの成長をいい方向へ導く・・などがあります。

乱食い歯

叢生などとも言われる歯並びのことで、歯が重なっていたり、ずれていたり、曲がっているなどの歯並びを言います。
原因としては歯が大きい、あごが小さい、あごと歯のバランスが乱れることなどが挙げられます。
ほとんどの場合には歯を抜いて矯正治療を行って歯とあごのバランスを整えていきます。

矯正治療の種類

ワイヤー矯正

昔からよく行われてきた矯正治療の装置がこの方法で、ワイヤーにブラケットを装着し歯を固定して治療します。
最も知られているのが金属ブラケットで、ワイヤーに金属でできたブラケットを付けて治療します。
よく矯正治療と聞くと一番に思いつくのがこの矯正装置で他の治療法より安く済みますが、違和感があり口元を見ればすぐに矯正治療をしていることが分かってしまうのがデメリットです。
この金属製のブラケットの代わりに白や透明のブラケットもあり、これを審美ブラケットと呼んでいます。
金属でないので、金属アレルギーの方でも安心して治療が受けられます。
ただし、金属ブラケットと比較すると費用がかさむのがデメリットです。
また、金属ブラケットと比べて強度面でも劣るので外れてしまったり、割れたりすることもあるようです。

裏側矯正

リンガル矯正とも言われる矯正法で、歯の裏側に矯正装置を装着するため、人に気づかれず歯並びをきれいにすることが可能です。
職業柄目立つ矯正装置は装着できない方や、思春期のお子さんなどに最適です。
この矯正法だと歯の表面を傷つけることなく目立たないのがメリットです。

マウスピース矯正

目立たない矯正治療を行いたい方に最適なのが、このマウスピース矯正と言われるもので、歯を正しい場所に移動するためにマウスピースを装着し矯正していきます。
20時間以上は毎日マウスピースを装着する必要があるものの、取り外してご自分でケアできるので常にお口の中を清潔に維持できるのがメリットです。

矯正歯科の選び方

治療方針や期間、費用、メリット&デメリットについての説明がある

矯正治療は患者さんとクリニックが協力し合って進めていくものです。
また、自由診療なので一般的な治療と比べて費用もかかり、時間もかかるのでどんなことでも相談できるクリニック選びが重要です。
治療方針を患者さんに押し付けるようなクリニックでなく、カウンセリングをしっかりと行いながら親身になって相談に乗ってくれるようなクリニックを選ぶといいでしょう。

通院しやすい場所である

お子さんが矯正治療を行う場合には家から通いやすいところにあるクリニックを選ぶことが大事です。
矯正治療が始まれば1ヶ月に1回程度は通院が必要になるため、学校や塾などで忙しいお子さんの生活を考えると家から近い方が通院しやすいでしょう。
また、大人の場合も休みの日に通院することを考えれば自宅から近い方が何かと便利です。
矯正装置が壊れたりなどのトラブルがあった時にも近い方が便利ですよね。

相談しやすい雰囲気であるか

これについては患者さんとの相性だと言ってもいいでしょう。
厳しい歯科医師がいいという方もいますが、気軽に相談できる歯科医師がいいという方もいるでしょう。
矯正治療は長期間にわたる治療になるため、自分と相性がよくないクリニックに通院するのは苦痛になってくるはずです。
無料カウンセリングを受けてみて、ご自分との相性がどうかを確かめましょう
なにもカウンセリングを受けたからと言って、そのクリニックで治療しなければならないということではないので安心しましょう。

まとめ

矯正治療を受けるべき歯並びとはどういったものか、矯正治療の種類にはどんなものがあるのかをご紹介しました。
歯並びが悪いことは噛み合わせに悪影響が出たり、虫歯の原因になったり、全身の健康状態にも支障が出ることがあります。
信頼できるクリニックを選んでいただき、適切な矯正治療を受けていただいて美しくきれいな歯並びに改善しましょう!

 

矯正歯科のご相談なら松島歯科にお任せ下さい。
患者さま一人ひとりに合った治療プランをご提案いたします!