歯並びを良くするインプラント治療にかかる費用はいくら?

はじめに

矯正するために作られたインプラントをあごの骨に埋め込んで歯を動かすために使い、これまでの歯科治療では矯正するのが難しかった歯並びでもきれいにでき、美しい歯並びや治療期間の短縮を実現できるのがインプラント矯正です。
ここではそんなインプラント矯正の費用やさまざまな情報をご紹介しますので、ぜひご参考になさってみてください。

インプラントとは

そもそもインプラントとは埋め込むという意味があり、けがなどが原因で歯をなくしてしまった場合に使われるものです。
骨となじみやすく安全な金属であるチタンでできています。
この素材は骨折などをした時にボルトやプレートとして使われているもので、歯科医療分野では人工歯根として使われている素材です。
歯科用インプラントでは小さなネジの形をしたインプラントやプレート型などが一般的に使われているようですね。

インプラント矯正の仕組み

では、インプラント矯正の仕組みとはいったいどのようなものなのでしょうか?
歯に付けられたワイヤーやブラケットだけで治療を行う場合、歯と歯がお互い引っ張り合うため歯を動かすことができます。
この方法だとそれぞれの歯が動いてしまうため、引っ張る力が一定でなく不安定になりがちです。
ですが、インプラント矯正だと矯正用インプラントをあごの骨に埋め込んで骨と結合させ歯を動かします。
つまり、歯を支点にするより固定源が動かないため歯を効率よく動かすことができます。
また、インプラントを埋め込む場所により歯を上下左右、前後など立体的に移動させられるメリットがあります。

インプラント治療との違いとは

インプラント矯正について理解するにはインプラント治療との違いをしっかり知っておくことが大切です。
インプラント治療とはなくなってしまった歯を人工の歯で補てんすることを言いますが、矯正治療でもインプラントを部分的に利用することがあります。
インプラントとは歯の土台のことを言い、その上に人工の被せものを施しますが、インプラント矯正はブラケット矯正と似ています。
インプラント矯正では歯の代わりにインプラントを使うのではなく、歯を引っ張るものとして使います。
まだ新しい治療法で行っているクリニックも少ないため、歯科矯正治療の一つとして選ぶ方は少ないようです。
この方法で歯並びを治す場合は矯正期間は今まで行われてきたブラケット矯正より短期間で済みますし、動かす必要のない歯に負担があまりかかりません。

インプラント矯正の費用

さて、気になるのはインプラント矯正にかかる費用ですが、料金は場所や数によって違ってきます。
1本当たり5万円前後のことが多いです。
インプラント矯正を行うことで費用がかかるとは言え、矯正期間が短くなるため結果的に従来の矯正治療より費用が安くなるかもしれません。

インプラント矯正のメリット

・期間が短くて済む

歯科矯正はインプラントを使用することで短期間で済むメリットがあります。
場合によっては従来の歯科矯正にかかる期間の半分程度で済むこともあるそうです。
さらに、コストも分割できるので減らせることができるため、メリットが大きい歯科矯正だと言えるでしょう。

・不要な歯を抜歯しなくて済む

従来の歯科矯正と比べて強い力をかけられるため、歯を大きく移動することができます。
なので、抜歯が必要なケースであっても抜歯を行わずに歯科矯正することが可能です。
ただ、程度によって違うためクリニックで相談した方がいいでしょう。

・部分矯正に向いている

インプラントを歯科矯正に利用することによって、部分矯正が快適にできるメリットがあります。
周りの歯に悪い影響もなく、美しく自然な仕上がりです。

・全体矯正にも向いている

インプラント矯正は全体的に歯並びを矯正するのにも向いています。
歯を効率よく動かすことができるので短い時間で矯正が可能です。
ただ、インプラント矯正で治療するとブラケットを付けたり外したりする必要があります。

・少ない歯の移動や難しい症例に向いている

1本の歯だけ内側に向いているとか、上の前歯だけが出ている・・などのケースでも、インプラント矯正は向いています。
最低限の施術で済み、違和感もほとんどなく治療が受けられます。

・歯周病や虫歯のリスクを軽減できる

矯正期間が長くなるほど装置を付けている時間が長くなるため、ブラケットがじゃまで歯ブラシがしづらくなり、歯周病や虫歯になる確率が上がります。
つまり、治療期間が短くなることで歯周病や虫歯になる確率を低くできます。

・確実に歯を動かせる

従来の歯科矯正とは違って、移動させたい歯だけを動かしたいところへ移動できるため矯正した歯の後戻りを防ぐことができ、移動させたくない歯まで動いてしまう心配がありません。

インプラント矯正のデメリット

インプラント矯正にはさまざまなメリットがありますが、デメリットもないとは言えません。
手術をした後は違和感が多少ありますが、痛みはほとんどないと言ってもいいでしょう。
骨を削ってインプラントを埋め込むため不安や恐怖があるかもしれませんが、施術時間も短くインプラントを抜く際もあっという間に終わります。
ただ、次にようなデメリットがあるのは事実です。
インプラント矯正でプレートを深くまで埋め込む場合では歯ぐきを切開する必要があり、その後多少歯ぐきが腫れたり痛みが出ることがあります。
このように、外科的処置が必要なのはデメリットと言えばデメリットでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
矯正治療を受けたいのに外科的手術を受けないといけないなんてイヤだな・・と感じるかもしれません。
ですが、インプラント矯正にかかる外科的手術は15分程度で、手術後の痛みや腫れもほとんどないので安心できます。
その痛みについても、鎮痛剤を飲んで静かにしていれば次の日にはおさまった・・という方がほとんどです。
それに、インプラント矯正は矯正期間を大幅に短くできたり、矯正装置がシンプルになったりとメリットの多い矯正治療です
もし、ご自分にとってメリットが多いと感じるなら、ぜひインプラント矯正を矯正治療の選択肢の一つとして検討してみてはいかがでしょうか?