審美治療にかかる費用の平均額はいくら?

審美治療を受けたときにかかる費用は、治療法によってそれぞれ異なります。

また、審美歯科では治療時に使用する素材(レジンやセラミック、金属など)によっても大きく費用が異なるため、治療を受ける際にはご自身が希望する治療内容や治療後の仕上がりについて、事前に担当の歯科医師に相談して確認しておくことが大切です。

ここでは、「審美治療にかかる費用の平均額」についてご説明をさせていただきます。

一般的な審美歯科で行う治療と費用の平均額

P.M.T.C(歯のクリーニング)

費用:3,000円~7,000円程度

P.M.T.C(プロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニング)は、歯科医院で行う歯のクリーニングです。
P.M.T.Cでは虫歯や歯周病の原因となるプラーク(歯垢)や、茶渋などの飲食物が原因のステイン汚れ、そしてタバコのヤニ汚れなど、自分自身では落とすことが難しい歯の汚れを専用の機械を使って徹底的に落としてゆきます。
P.M.T.Cは歯石を取るスケーリングとは異なり、あくまでも歯の表面を清掃する目的で行うクリーニングとなります。
P.M.T.Cを行う際には、歯の清掃をした後、最後に虫歯予防のためのフッ素を歯の表面に塗り、虫歯になりにくくなる処置を行います。

オフィスホワイトニング(ホワイトニング)

費用:20,000円~50,000円程度

オフィスホワイトニングとは、審美歯科で行う「歯を白くする治療」のことを指します。
審美歯科の院内で行われるオフィスホワイトニングは過酸化水素水から作られた成分の強いホワイトニング剤を患者様の歯の表面に塗り光を当て、歯の奥に浸透着色してしまったステイン汚れを分解除去し、歯を白くします。
成分の強いホワイトニング剤を使うオフィスホワイトニングは即効性が高く、「出来るだけ早く歯を白くしたい」という方にオススメの治療法となります。

ホームホワイトニング(ホワイトニング)

費用:20,000円~30,000円程度

ホームホワイトニングとは、患者様が自分自身でご自宅で行うことが出来るホワイトニング治療です。
ホームホワイトニングでは、まず最初に審美歯科で診察を受けて専用のマウスピースとホワイトニング成分が配合された専用ジェルを処方してもらいます。
次に、患者様がご自宅でマウスピースの中に専用ジェルを塗りこみ、就寝時などにマウスピースを着用することでホワイトニングを行い、歯を白くしてゆきます。
ホームホワイトニングでは比較的成分が弱いホワイトニング剤を使うため、即効性の高いオフィスホワイトニングと比べると歯を白くするのに時間はかかりますが、ご自宅で行えるホームホワイトニングは通院の必要がなくご自身でじっくり歯を白くすることが出来る、というメリットがあります。

ラミネートベニア(セラミック治療)

費用:50,000円~120,000円程度(1本あたり)

ラミナートベニアとは、陶器から出来ているセラミック製のチップを使い、歯の表面を少しだけ削った後にチップを貼り付けて歯を白くする審美治療です。
ラミネートベニアは歯を削らなくてはいけない、というデメリットはあるものの、ホワイトニングや歯のクリーニングでは歯が白くならないケースでも歯を白くすることが可能なため、前歯の汚れが特に顕著な方に適した治療法となります。

メタルボンドクラウン(セラミック治療)

費用:80,000円~120,000円程度(1本あたり)

メタルボンドクラウンとは、歯にかぶせる被せ物(クラウン)の内側の土台が金属、外側の部分がセラミックでおおわれているクラウンを使用して行う審美治療のひとつです。
メタルボンドクラウンは土台が金属のため、欠けや割れに強いというメリットがありますが、金属アレルギーを引き起こす恐れがある点や、内側の金属部分が透けて黒く見えてしまう等のデメリットもあります。

オールセラミッククラウン(セラミック治療)

費用:120,000円~180,000円程度(1本あたり)

オールセラミッククラウンとは、かぶせ物の素材をすべて、陶器から出来ているセラミックで製作したクラウンのことでです。
オールセラミッククラウンはメタルボンドクラウンと異なり金属を使用していないため、金属アレルギーの心配がなく、なおかつ、透明度が高く色調もより自然の歯に近くなることから、天然の歯もしくはそれ以上の白く美しい歯を手に入れることが可能です。

表側矯正(矯正治療)

費用:700,000円~1,000,000円程度(上下のあごをすべて矯正した場合)

表側矯正は、歯並びを治す歯列矯正の中でも一般的な矯正治療です。
治療の際には金属製のブラケットとワイヤーを歯の表面に取り付けて矯正を行います。
表側矯正は金属で出来た矯正装置を使用するため歯を動かす力も強く、治療にかかる費用はほかの矯正方法よりも比較的安くなる、というメリットがありますが、金属製のブラケットとワイヤーを歯の表側に装着するため、外から見たときに目立ってしまう、というデメリットもあります。

裏側矯正(矯正治療)

費用:900,000円~1,500,000円程度(上下のあごをすべて矯正した場合)

裏側矯正は、矯正装置を歯の裏側に装着する矯正治療です。
裏側矯正は歯の裏側に矯正装置を装着するため目立ちにくいというメリットがありますが、矯正器具が裏側(舌側)にくるため表側矯正よりも違和感が強く声を出しづらくなる点や、治療にかかる費用も比較的高額となる、等のデメリットがあります。

マウスピース矯正(矯正治療)

費用:600,000円~800,000円程度(上下のあごをすべて矯正した場合)

マウスピース矯正とは、透明なマウスピースを使って行う矯正治療であり、通常の金属製のブラケットとワイヤーを使う矯正よりも目立ちにくく、食事中など、患者様が自由にマウスピースを外すことが出来るというメリットがあります。

しかし金属製のブラケットとワイヤーを使う通常の矯正よりも歯を動かす力が弱いため、適応出来る症状は限られてしまう点や、定められた装着時間を守らなかった場合には矯正の効果が出なくなるなど、デメリットも存在しています。

インプラント(インプラント治療)

費用:400,000円程度(1本あたり)

インプラントは、失われた歯をおぎなうために行う義歯治療のひとつであり、治療ではフィクスチャーと呼ばれるネジのような形をした人工歯根を直接、患者様のあごの骨に埋め込んで結合させます。
外科的処置が必要であり治療にかかる費用も比較的高額になるなど、デメリットもあるインプラント治療ですが、人工歯根を埋め入れるインプラントは部分入れ歯やブリッジといった従来の義歯治療よりも安定性が高く、食べ物をしっかりと噛むことが出来ます。

見た目も天然の歯とほとんど変わらなくなるため、メリットも多く現在では多くの患者様が義歯治療を受ける際にインプラントを選択しています。

ご自身が納得した上で治療を受けることが大切です

「審美治療の一覧と治療費用の平均額」についてご紹介をさせていただきました。

審美治療は原則として保険が適用されず、その多くは保険適用外の自費診療となります。
また、審美歯科によっては同じ治療でも料金設定が異なるため、治療を受ける際には前もってその歯科医院がどの程度の金額で料金を設定しているかを調べ、ご自身が納得した上で治療を受けることが大切です。
審美治療はお口の状態・症状や患者様がお望みになる治療結果等により、複数の審美治療を組み合わせて行う場合もある(矯正治療+ホワイトニングなど)ほか、種類や症状によっては治療費用が数十万、百万円以上と高額になるケースも珍しくないため、もし、治療前に費用や治療の内容など、少しでも分からない点があれば、遠慮をせずに気軽に担当の歯科医師に相談することをおすすめします。