【治療法別】セラミックで歯並びを治す方法

 

“歯科医院で行う矯正治療”と聞くと、多くの方が「歯を動かすので痛い」「歯並びを治すのに時間がかかる」といったことを想像されますよね。
現在、歯並びを改善する方法としては、従来の矯正装置を使って行う矯正歯科での歯列矯正のほかに、審美歯科で行う「セラミック矯正」があります。
セラミック矯正は陶器で出来たセラミッククラウンを歯にかぶせて歯並びを治す治療法で、矯正歯科で行う歯列矯正のように1年、2年といった長い期間をかけず、早ければ1ヶ月程度で歯並びを整えることも可能です。
今回は、「すぐに歯並びを改善したい」という患者様に人気のセラミック矯正についてご紹介をさせていただきます。

セラミック矯正とは

審美歯科で行うセラミック矯正とは、陶器で出来たセラミック製のクラウンを歯にかぶせて歯並びを整える治療です。
セラミック矯正が通常の矯正歯科で行う歯列矯正と異なる点は、歯列矯正が矯正装置を使って歯そのものを動かしながら歯並びを整えるのに対し、セラミック矯正では歯を動かさずに「歯の形や色を変えて歯並びを整える」のが特徴です。

セラミック矯正は通常の歯列矯正とは違い治療に長い期間を必要とせず、ケースによっては早ければ最短2回の通院で歯並びがが改善されるケースもあります。
セラミック治療では歯にかぶせるセラミッククラウンのサイズに合わせて天然の歯を削り、歯を小さくする必要がありますが、治療の際には麻酔注射を行うため痛みを感じることはほとんどありません。
セラミック矯正は上記のように短期間で歯並びを整えることが出来るほか、汚れや着色に強いセラミックを歯にかぶせることでプラークが付きにくくなる、というメリットもあります。

セラミック治療で使用する素材について

オールセラミッククラウン(メタルフリー)

従来のセラミッククラウンは強度を増すためにクラウンの内側の土台部分は金属で作られていましたが、現在では技術が発達してクラウン全体がセラミックの「オールセラミッククラウン」を作成することが可能となりました。

オールセラミッククラウンを使って行う矯正治療はメタルフリーで金属アレルギーの心配がなく、天然の健康な歯に近い色調と透明感があり、治療後の仕上がりが「自然な見た目」になるというメリットがあります。
オールセラミッククラウンには、酸化アルミニウムのアルミナから作られたセラミックの土台にさらにセラミックを焼き付けて耐久性を高めた「プロセラ」や、強度が高い人工ダイヤモンドの土台にセラミックを盛り付けて作られた「ジルコニアセラミック」等があり、矯正の際には患者様の症状に適したセラミッククラウンを使用して治療を行います。

メタルボンドセラミッククラウン(金属を使用)

メタルボンドセラミッククラウンは内側の土台部分が金属で出来ているセラミッククラウンです。
メタルボンドはオールセラミッククラウンが登場するまでは、ゼラミック治療では主流の素材として使われてきた歴史があり、現在でも単独歯(1本のみのクラウン)や連結歯(複数の歯が並んだクラウン)、ブリッジなど、幅広い症状に適用出来ることから、高い人気を維持しています。
強度に優れ適応性も高いメタルボンドですが、光の当たり具合によっては中の金属が黒く透けて見えてしまうデメリットがあるものの、現在では出来るだけ金属が見えないように加工されたクラウンも登場しており、メタルボンドの唯一の欠点だった「審美面におけるデメリット」も解消されています。

セラミック矯正はこんな方におすすめ

  1. 「前歯だけを綺麗に整えたい」
    「奥歯は目立たないしそれほど歯並びは乱れていないから、出来れば前歯だけを綺麗に整えたい」という時には前歯だけを部分的にセラミック矯正で治すことが出来ます。
    セラミック矯正が特に有効となる症状としては、
    ・「八重歯」が前や横に飛び出ている
    ・上あごの前歯が前に向かって突き出ている「出っ歯」(上顎前突:じょうがくぜんとつ)
    ・歯の高さが不規則に異なる「でこぼこ歯」(叢生:そうせい)
    セラミック矯正では、前歯の歯並びを綺麗に整えることで上記の症状に対応可能なほか、矯正によって前歯の歯並びが改善されるため、口元の全体的な印象を良くする効果も期待出来ます。
  2. 「目立たずに矯正をしたい」
    営業職の方や受付のお仕事をしている方など、患者様によっては「矯正装置が目立つと生活に支障が出る」というケースもあります。
    そのような場合には、矯正装置を使わず短期間で歯並びを整えることが出来るセラミック矯正が適しています。セラミック矯正は患者様の症状によっては1ヶ月以内で歯並びを整えることも可能であり、「出来るだけ短期間で目立たずに歯並びを整えたい」という方には特にお勧めの治療法です。
  3. 「歯並びだけではなくかみ合わせも改善したい」
    歯並びだけではなく、乱れているかみ合わせも改善したい」という場合には、セラミック矯正に加え、歯を動かしてかみ合わせを改善する通常の矯正治療を併用することもあります。
    セラミック矯正は審美目的の治療でありかみ合わせは改善出来ないため、このようなケースでは、たとえば「上あごの歯はセラミック矯正を行い、下あごの歯は通常の矯正治療を行う」など、2種類の矯正治療を並行して行うことにより、効率的かつ効果的に歯並びを整えることが出来ます。
  4. 前歯だけではなく、奥歯も全部白くしたい」
    前歯のみに行ってもかなり見た目が改善されるセラミック矯正ですが、「前歯だけではなく奥歯も全部綺麗な白い歯にしたい」という場合には、前歯にセラミック矯正を行い、奥歯をホワイトニングによって白くすることももちろん可能です。
    セラミック矯正とホワイトニングを併用する際には歯の自然な色調を合わせるため、「ホワイトニングを先に行い、その後にセラミック矯正を行う」ことで、より綺麗で美しい白さの歯に仕上げることが出来ます。

短期間で目立たずに歯並びを整えるセラミック矯正

「審美歯科で行うセラミック矯正」についてご説明をさせていただきました。

審美歯科で使用するセラミックは矯正だけではなく通常の虫歯治療にも使われるほど、現在では一般的な歯科用素材として人気を博しています。
セラミッククラウンは強度が高く審美性にも優れ、見た目も天然の健康な歯とほとんど変わらないほか、定期的なメンテナンスを行うことにより末永く使うことが出来る、というメリットもあります。
歯並びのことでお悩みの際には、ぜひ、痛みが少なく短期間で治療が可能なセラミック矯正をご検討されてみてはいかがでしょうか。

松島歯科では矯正治療も行っています。

歯列を整え噛み合わせを正常にすることで、良く噛めるようになり健康にもなります。
さらに見た目も美しくなることにより笑顔に自信が持てるので、内面的にもメリットがあります。

歯並びなどに悩みを持っている方は1人で悩まず、まずは歯科医院に相談してみましょう。