【歯並び改善】矯正歯科と審美歯科の違いとは?

突然ですが、皆さんは「歯並びを改善したい」時には、矯正歯科と審美歯科、どちらの歯科医院で治療を受けますか?
おそらく多くの人が「歯並びを治すのだから、矯正歯科」とお答えになるかと思います。
しかし現在では、矯正歯科はもちろんのこと、審美歯科でもセラミックなどのかぶせ物を使用して歯並びを改善する事が出来るようになっています。
これを聞くと「えっ?かぶせ物でどうやって歯並びを改善するの?」という疑問が出てきますよね。
そこで今回は、ともに歯並びを改善するための治療を行っている「矯正歯科と審美歯科の違い」、そして「それぞれの歯科で行う治療内容」についてご説明をさせていただきます。
歯並びを治したい方は、ぜひ、参考になさってみてくださいね。

矯正歯科と審美歯科の違い

歯を動かして「かみ合わせを改善」するのが矯正歯科

矯正歯科は、患者様の歯を矯正装置によって動かし、歯の位置を整えて
かみ合わせを改善する」治療を行います。
矯正歯科では「出来るだけ患者様ご自身の健康な歯を生かして矯正治療を行う」のが特徴で、治療は長い時間をかけて行われます。
矯正歯科の治療においては歯並びを改善することで、あごの骨や歯ぐきといった歯周組織のバランスも整う効果があります。
また、患者様の症状によっては歯並びを治すために抜歯を行うケースもありますが、矯正歯科で行う歯列矯正では審美歯科のように歯をたくさん削ったり神経を抜く、ということはあまりありません。

【審美】矯正の種類一覧  

歯の形や歯の色を変えて「見た目を改善」するのが審美歯科

審美歯科とは、歯の形や歯の色などを変えて患者様の「歯の見た目を改善」することを目的として治療を行います。
審美歯科では矯正歯科のように長い時間をかけて治療を行うことはあまりなく、基本的には「短期間で歯の見た目を改善する」のが大きな特徴です。
審美歯科で治療を行う際には、「出来るだけ短期間で歯の見た目を改善すること」が目標となるため、歯並びの乱れが大きい場合には歯をたくさん削ったり歯の神経を抜いてセラミックをかぶせる、または矯正歯科と同様に抜歯をする、などの治療を行うこともあります。

あなたの印象は歯並びできまる!意外と知られていない「歯」が与える印象

矯正歯科で行う治療の内容

歯列矯正

矯正歯科では、患者様の歯並びを改善するために歯列矯正治療を行います。
矯正治療には以下の4種類の治療法式があります。

  1. 表側矯正
    金属ブラケットとワイヤーを使って患者様の歯の表側に器具を取り付け、矯正を行います。
  2. 裏側矯正
    金属ブラケットとワイヤーを使って患者様の歯の裏側の目立ちにくい部分に器具を取り付け、矯正を行います。
  3. ハーフリンガル矯正
    ハーフリンガル矯正は目立ちやすい上あご部分の歯は裏側矯正、下唇に隠れて見えにくい下あご部分の歯は表側矯正と、「表側矯正と裏側矯正をミックス」して治療を行います。
  4. マウスピース矯正
    ご自分で取り外し可能な透明なマウスピースを使って治療を行います。

 

矯正治療では上記のほか、歯並びを整えるために「抜歯」を行うこともあります。
歯列矯正は歯を動かして歯並びとかみ合わせを改善するのが目的であり、治療は1年から2年、もしくはそれ以上の長い期間をかけて行われます。

審美歯科で行う治療の内容

セラミックを使って行う「歯並びを改善する」治療

審美歯科では陶器で出来ているセラミックを使用して歯並びを改善します。
セラミックによる治療はセラミッククラウン」という陶器で出来たかぶせ物を患者様の歯にかぶせ、歯の見た目を整えてゆきます。
セラミック治療では矯正歯科のように歯そのものを動かすことはありませんが、かぶせ物をする際に元の自然な歯を小さくする必要があるため、歯を大きく削ったり、神経を抜くなどの治療を行います。

セラミックを使って行う「メタルフリー」治療

審美歯科で行うセラミック治療には歯並びを改善する目的ではなく、銀歯やアマルガムなど、金属製の詰め物やかぶせ物をすべて陶器で出来たオールセラミッククラウンに変える「メタルフリー」治療もあります。
メタルフリー治療で使われるオールセラミックは金属アレルギーの心配がなく、歯の見た目を天然の健康な歯に近づけることが出来る、というメリットがあります。

歯を白くする「ホワイトニング」

審美歯科で行うホワイトニング治療は歯を削ったり抜いたりせず、専用のホワイトニング剤を使って患者様の歯に浸透着色した汚れを分解して取り除き、歯を白くしてゆきます。ホワイトニング治療には以下の3種類の治療法式があります。

  1. オフィスホワイトニング
    オフィスホワイトニングでは歯科医院で成分の濃いホワイトニング剤を使い、短期間で集中的に歯を白くしてゆきます。
  2. ホームホワイトニング
    ホームホワイトニングでは歯科医院で作成する患者様の歯型に合わせたマウスピースと専用のホワイトニングジェルを使い、患者様がご自宅で自分自身でホワイトニングを行っていただきます。
  3. デュアルホワイトニング
    デュアルホワイトニングではオフィスホワイトニングとホームホワイトニングを並行して治療を行います。
    歯科医院とご自宅で同時にホワイトニングを行うデュアルホワイトニングは即効性が高く、もっとも短期間で歯が白くなるのが特徴です。

歯を白くする「ラミネートベニア」

審美歯科で行うラミネートベニアは、患者様の前歯にセラミックで出来たネイルチップのような「シェル」を貼り付けて歯を白くする治療です。
ラミネートベニアは患者様の歯を少し削る必要がありますが、ホワイトニングだけでは白くすることが出来ない前歯の汚れや変色に対応出来るというメリットがあります。

歯ぐきを健康的なピンク色にする「ガムピーリング」

ガムピーリングは薬剤やレーザーを使って患者様の歯ぐきの上皮部分を取り除き、歯ぐきを健康的なピンク色にしてゆく治療です。
ガムピーリング治療では痛みを感じることはほとんどなく、メラニン色素が原因となっている歯ぐきの黒ずみを改善出来る効果があります。

ブライトニングや歯のクリーニングなど

審美歯科では上記に挙げた治療以外にも、歯のクリーニングや専用の器具で磨くことによって歯を白くする「ブライトニング」など、審美目的で行う治療方式が数多く存在しています。

「歯並びを良くしたいなら」審美歯科で矯正がおすすめ

矯正歯科と審美歯科の治療を併用することもあります

「矯正歯科と審美歯科の違い」、そして「それぞれの歯科で行う治療内容」についてのご説明、いかがでしたでしょうか。

今回ご紹介させていただいたように、矯正歯科と審美歯科はともに「歯の見た目を改善する」という共通点があるため、「歯列矯正で歯並びを整えた後にホワイトニングを行う」「歯並びを改善する前に虫歯で傷んでいる歯を綺麗にする」「銀歯を白くしながら歯並びを改善する」などのケースでは矯正治療と審美治療を併用することもあります。

矯正歯科と審美歯科には「歯並びを改善する」という目的以外にも、それぞれの治療内容によって出来ること・出来ないことが異なってきますので、治療の際には「ご自身に合った方法」をよくご検討していただき、十分にご納得していただいた上で治療をお受けになることをおすすめします。

松島歯科では患者さま1人1人に合った治療法で対応しています。

歯は一生の消化器官であるため、身体の健康や、自分に自信を持つためにとても重要な役割を果たしています。
日常生活を楽しく過ごすためにも、信頼できる歯医者さんでしっかりケアを行っていきましょう。