セラミックにかかる費用の相場は?

日本では虫歯治療を行う際に銀歯の詰め物やかぶせ物を選択する人が多いですが、銀歯は金属アレルギーを引き起こすおそれがあるほか、歯がギラギラ光ってしまい見た目も悪くなるなどのデメリットがあります。

 

この為、現在は銀歯よりも見た目がより自然で天然の歯の白さに近いセラミックを使った「セラミック治療」が人気となっています。

 

陶器から作られているセラミックは治療後に金属アレルギーになるおそれも少なく見た目も美しいという特徴があり、「機能と審美性」を併せ持った優れた歯科用素材の一つです。

 

今回は、人気のセラミック治療で使用される「セラミックの種類」と「セラミック治療にかかる費用の相場」について詳しくご説明をさせていただきます。

短期間で歯並びを改善するなら「セラミック」がおすすめ

セラミックインレー(奥歯に使用する詰め物)

 

セラミックインレーの費用:およそ30,000円~50,000円(1本)

 

セラミック治療では奥歯に使用する詰め物を陶器から作られているセラミックを使う事で、歯の色が「天然の歯に近い自然な白さ」になります。

 

セラミックインレーを使った治療は、

 

・奥歯の銀歯の詰め物がギラギラ光って気になってしまう

 

・奥歯の銀歯が気になって口を大きく開けて笑う事が出来ない

 

・銀歯の詰め物が取れてしまう事が多い

 

・銀歯の詰め物の下に虫歯が出来てしまう(二次カリエス)

 

・天然の歯と同じ見た目の白い詰め物に変えたい

 

・今まで治療してきた奥歯の銀歯の詰め物をすべて白い詰め物に変えたい

 

といった、銀歯のギラギラした見た目や銀歯が原因で起きる不具合のお悩みを解決します。

 

また、セラミックインレー治療では銀歯の詰め物で起こりがちな「詰め物の下に虫歯が出来てしまう」といった二次カリエスの虫歯のお悩みにも、金属よりも加工しやすく歯により密着させる事が出来るセラミックを詰め物として使用する事で、二次カリエスになる確率を下げる事が出来る、というメリットがあります。

 

オールセラミッククラウン(前歯や奥歯に使用するかぶせ物)

 

 ジルコニアクラウンの費用:およそ120,000円前後(1本)

 

オールセラミッククラウンの中でも、クラウンの内側部分が人工ダイヤモンドのジルコニアで作られているジルコニアクラウンは強度が高く、なおかつ内側の素材に金属を使わない為、外から見た時に歯の中にある金属が透けて見えないというメリットがあります。

 

透明感のある素材で出来たジルコニアクラウンは、銀歯やメタルボンドといった金属を使用したクラウンで発生する「金属が溶け出して歯や歯ぐきの境目が黒くなる」という不具合が起きる事もなく、長期間安心してお使いいただけます。

 

e-max(イーマックス)クラウンの費用:およそ70,000円~100,000円(1本)

 

e-max(イーマックス)クラウンはオールセラミッククラウン中でも「審美性」と「耐久性」に優れているのが特徴で、「ニケイ酸リチウムガラス」という成分を使って作られた最新のセラミック素材で出来ています。

 

e-maxクラウンは天然の歯のエナメル質の硬さとほぼ同じ硬さで出来ているので歯に優しく、なおかつ透明度はセラミッククラウンの中でも最高を誇り、より天然の歯に近い白さを実現出来ます。

 

強度と柔らかさを併せ持つe-maxクラウンは主に前歯のセラミック治療で使われる事が多いですが、奥歯に適用する事も可能です。

 

フルジルコニアクラウンの費用:およそ35,000円前後(1本)

 

フルジルコニアクラウンとは、かぶせ物の素材がすべて人工ダイヤモンドのジルコニアで作られているクラウンの事を指します。

 

フルジルコニアクラウンは冠全体が強度の高い人工ダイヤモンドのジルコニアで出来ている為、クラウンを製作する際に冠を薄く製作出来るというメリットがあります。

 

厚みが薄い冠を作る事が可能なフルジルコニアクラウンは土台となる歯にも影響しにくく、すでに奥歯に銀歯や金歯で出来たかぶせ物をしているケースでも歯の土台を削らずにそのままクラウンを取り替える事も可能です。(クラウンの下に二次カリエスの虫歯が出来ていない場合に限ります)

 

フルジルコニアクラウンは素材の性質上、製作出来る歯の色の数が限られてしまいますが、オールセラミックでありながら価格もリーズナブルなフルジルコニアクラウンは多くの患者様から高い人気を獲得しています。

 

メタルボンドクラウンの費用:およそ80,000円~150,000円(1本)

 

メタルボンドクラウンとは、クラウンの土台となる内側の部分には金属を使い、外側の表面部分にはセラミックを貼り付けたタイプのかぶせ物です。

 

メタルボンドは内側が金属で出来ているので強度が高く、前歯から奥歯まであらゆる歯に適用する事が可能です。

 

しかし、メタルボンドクラウンは内側の土台部分が金属で出来ている為金属アレルギーを起こすおそれがあるほか、金属部分が溶け出して歯や歯ぐきが黒ずんでしまったり、外側から見た時に中の金属が黒く透けて見えるなどのデメリットもあります。

セラミック治療の基礎知識

セラミック治療は「自然な歯の白さ」をよみがえらせる事が出来ます

 

「セラミック治療の種類と費用」についてご説明をさせていただきました。

 

保険診療で受ける銀歯の治療と違い自費診療となるセラミック治療ですが、セラミック治療によって歯が白くなる事で「笑った時の口元が美しくなる」「人前で歯の見た目を気にせず思いっきり笑う事が出来る」など、生活の面においてもさまざまなプラス効果を期待出来ます。

 

 

セラミック治療は松島歯科へ

もし現在、銀歯のギラギラした見た目や銀歯が原因の金属アレルギーの症状でお悩みであれば、ぜひ今回ご紹介したセラミック治療を受け、「自然な歯の白さ」を手に入れてみてはいかがでしょうか?

 

セラミック治療が気になる方は松島歯科